2008年01月31日

1月31日

今年は何にもしないうちに1月が終わってしまう・・・という感覚ではない。
いろんなことがあったし。

つい10日ほど前のことが一年も前のことのように感じられたり、4年前のことが昨日のことのように感じたりもする今日この頃(シミジミ年かも・・・)。
結局自分の都合のいいことを身近に感じ、忘れたいことは忘却のかなたに押しやるという「おめでたい性格」に感謝することにしましょう。

で、不安クラブ(ファンクラブ・・・と打ったつもり・・・爆)から更新のお知らせが届いています。

3500円を1日も早く送金してね!って。

会報も無いし。
ファンクラブの高額ツアーに参加の予定は無いし。
コンサでいい席どころか席すら確保できないことが何度もあったし。
会員じゃなくなるとJUST VANNNESS のHPに入れないというけど・・・そうでもないし。

なんか・・・特典ってありましたっけ?

そうそう昨年10月台北でのハローウィン&ファンミーティングに参加できたのは・・・やっぱ特典だったのかな?きっとそうだね・・・(じゃ〜台北まで飛べない人にはなにがあったんだろう?)。

えっと・・・他には・・・えっと。
思い出せない。

でも結局3500円払い込むんだろうな。

福袋(中身は空っぽと覚悟して!)・・・だと思って。
呉祝儀(後一週間でお正月ですし!)・・・だと思って。
病気保険(大笑・・・笑う門には福来る〜♪)だと思って。

はい!要するにただただ・・・惚れた弱みってことです・・・(ぽっ!)
posted by MaMa at 09:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

!?病気の方は病院へ?!

コンサなら万難排して行こう!

でも握手会やサイン会みたいなイベントにはもう近づくまい・・・と心に決めたはずだった。

なぜに決めたことが守れない!!!(病気だから?)

一番早かった方たちは木曜から交代で4日間を西門紅楼広場の冷たいコンクリートの上で過ごしたという。

それは普通なのか?(やっぱり病気?)

淡水から直接西門に向かい横になる場所も無いまま徹夜をした方たちも200や300じゃなかった。

これも当然のことなのか?(病気じゃないのかな?)

当日の朝から夜の9時過ぎまで約12時間前後ならんだ人が1000人も?

これは主催者から見たら並んだうちには入らないのか?(主催者も病気だったの?)

ハンコ会が始まる一時間前の2時前に到着し約6時間あまり(途中マックで1時間・ネットカフェで1時間休憩したけど)待っていた私・・・私の前には2000人以上居ましたし後ろには500人以上居ました。(それぞれの手には何枚ものスタンプカードが握られていました・・・何枚も!です)

サザンテラス口でドーナツ買うのに一時間待つ人をもう決して笑ったりいたしません・・・並びさえすればドーナツは必ず食べられるのですから。
(私の病気は重病です・・・病院紹介してください)

で・・・旅行保険で紹介されていた病院に行きました。

病院に行って3時間点滴うって山ほどお薬貰いました。
翌日21日は4時までダウンしていました・・・なんだかな。
保険の病院案内には完全日本語対応と書いてありますが・・・あれウソです。

「作天晩上吐了三次、今天早晨吐了一次。現在也一喝水,就想吐。真的不舒服,還有頭痛・・・」

この際文法とかクソ食らえ・・・そんなの関係ない!知ってる単語並べるだけ!保護者は横で「もっと大げさに言わないとダメここは台湾です」と静かに呟いていました。でもお医者さんも看護婦さんもとっても親切で笑顔満点で当然一円のお金もかかることなくスムーズにことは進みました・・・しかし一言の日本語も聞くことは有りませんでした・・・勉強せねば・・・私は病気なんだから。

・・・病気の人は病院に行きましょう・・・。
でも保険も利かないお医者様も治せない病気にかかっているんでした・・・みなさん。

・・・皆様お元気ですか?


22日夜帰国・・・こんなに東京の夜景が懐かしく思えたのは初めてでした。
posted by MaMa at 08:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

!?逃避行ですか?!

19日です・・・・「紅色頭髪的情人在淡水等我」

「待ってる4」とおっしゃるのなら・・・その言葉どうり待っていて下さい。

私は絶対に貴方より先に淡水には着かないと決めましたから。
私は真っ直ぐに淡水には行かない・・・・行けないの。


新竹で生えてしまった「ハリセンボン」のような自己防衛用の棘がツンツンと私の頭と心を覆い尽くしていて・・・でも会いたくて、仕方ないから猫が部屋の壁や家具をこすりながら遠回りして目的の場所まで進むみたいに私は考えられる一番の遠回りをして「紅色頭髪的情人」に会いに行くことにしたんです。(バカみたい!)

で考えたのが、
台北―基隆―野柳―金山―石門―淡水
という右回りのとんでもないコース。

08.1.28-1.JPG

08.1.28-4.JPG

08.1.28-2.JPG
(このボタンを押すと速く走ります・・・笑)

いったい何時間バスに揺られたのでしょう?

08.1.28-6.JPG

08.1.28-6.JPG

08.1.28-8.JPG

でも土砂降りの中で見た荒れた海の景色はそのときの私の心象風景そのものでで深く深く胸に刻まれました。

淡水到着は15:30くらいでした。
少しぶらぶらしてフェリーで漁人馬頭に向かいました。

08.1.28-10.JPG

私はどうせ今更並んでも前のほうで見られるわけも無いとのんびりウッドデッキみたいな橋のような場所からのんびりリハーサルを眺めていました

今回の写真でお気に入りの写真。

IMG_2416.JPG
(ポチッとすると大きくなります)

後ろの大階段の下の方に座っている右側が孝天です。ヴァネがリハーサルしている間もずっと階段に座って水飲んだりあくびしたり(爆)連れにあれ孝天だよ!と双眼鏡渡しても「え〜〜??まさか違うよ!スタッフでしょ?」と否定される有様。

しばらくしてリハーサルも一段落したので(って言うかヴァネが舞台から消えたので)気休めに最後尾に並んでみることに・・・並んだ数分後急に列が動き出します。何事??会場は18:00のはずでしょ!そんなに走らないで〜〜無理ですから〜〜待って〜〜〜。

あれよあれよという間に大混乱・・・けが人が出たりスタッフとの押し問答があったり大混乱振りはもう筆舌に尽くしがたいので・・・略。

08.1.28-12.JPG

いろんな想いとは別世界の大自然・・・ふりかえればこんなに美しい夕日が川面をキラキラと照らして沈んでいくところでした。

私と連れはVIPエリアの中に入れるわけも無いのでとりあえず始まるまでは体力温存というわけで座れる場所を探して移動です。どんどん左の方向に歩いて・・・とにかく一番すみ(舞台はほとんど見えない)にちょっと腰を下ろせる花壇を見つけ「どっこいしょ!」と腰を下ろしました。

しばらくすると花壇のすぐ横のロープを張られた横をたくさんの人が列を作ってVIPエリアに入っていきます。木曜から並んでいたVIFCの方とも違うみたいだし・・・いったいどういう方々なのか・・・わからぬまま・・・眺めていました。

何百人入ったのか??・・・あとからあとから・・・。

と・・・あれ??「いいよ〜〜入って〜〜♪」とスタッフがこちらに手招きしています。

私たちの回りは地元のおばさんとかデートに来てるアベックが多かったので首を横に振って拒否ってます(笑)するとアベックのお兄さんが私たちに向かって笑いながら「快点ba!」と背中を押すじゃ〜〜ありませんか!

私と連れは荷物を鷲づかみにして・・・猛ダッシュ!
もうその時のことは記憶に無いくらい・・・すばやい行動(笑)

朝から(いえ、何日も前から)並んでいた皆様ごめんなさい・・・夕方来てVIP席に入れてもらえました。

「待ってる4」・・・約束守ってくれましたね。
私を待っていてくれてありがとう・・・。

淡水で君に会えて本当に幸せでした。


言いたいこと考えなくちゃいけないことはたくさんあるけど・・・今私が居る場所がこういう理不尽な世界だというなら、その中で自分の体と心を守りながら精一杯幸せになる方法を自分なりに模索する以外ここで暮らす道はないのかもしれない・・・尻尾を巻いて逃げ出すその日までは・・・。

posted by MaMa at 16:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

!?観光旅行なんです?!


17日成田に向かうバスに乗り込んだのは5:30。準備やら何やらで起床が3:30だったのでうとうとして目を開けたら酒々井のあたりは一面の雪景色。というわけで・・・チャイナ結局1時間遅れで台北に到着でした(前途多難?)。

この日の午後はぎっしり野暮用が詰まっていて一心不乱に用事を済ませ、わずかばかりの食事休憩をはさみ一応その日のノルマ終えたのが22:45・・・疲れた。

で、寝る前に一杯と思ってビール工場に出かけたら・・・なくなっていました(呆然)。この場所には楽しい思い出も泣きたいよう思い出(全てひっくるめて愛しい思い出です)もいっぱいあったのな・・・ざんねん。
で、その裏手に新しい店が出来ていたので行ってみました。
08.1.26-1.jpg

倉庫みたいな作りで(本物の倉庫かも?)雰囲気はまあ悪くはないけど食べ物が前とは比べ物にならないほど当たり前(日本的?)で・・・つまんない!
多分もう行かない。

この日は夜明け前から24時間以上動き回ってクタクタ・・・就寝は1:30。

18日もキッパリ6:30には起き出し野暮用をいくつか済ませ部屋を10:00にスタート。せっかく台湾に来て新しいこと何にもしないなんて・・・ですもの!

新店線の終点「新店」から烏来を目指します。烏来は初めての地です。
新店の駅を降りるとちょうどバスが出るところだったのですがとても混んでいて立ちっぱなしを回避するためスルーしました。私は台湾での保護者と二人連れです。タクシー乗り場の近くで二人連れのご婦人(香港の方)に声をかけて4人で400元の相乗りタクシーで行くことにしました。時間の節約と楽できるのを考慮したら本当に有意義なお金の使い方です。

烏来は思っていたよりずっと楽しかったです。

08.1.26-2.JPG

トロッコで山の上のほうまで10分ほどです。

08.1.26-4.JPG 08.1.26-3.JPG

時速18キロと書いてあるのですがスピード感満点で本当に楽しかったです・・・。私は運転手さんの横に乗せていただいて楽しくお話しながら(いい加減な中国語が役に立ちます〜笑)

桜が咲いてるよ〜〜♪とか。
08.1.26-6.JPG

滝だよ〜〜♪とか。
08.1.26-7.JPG

本当は時速18キロだけど・・・今20キロ出してあげるね〜〜♪とか。
08.1.26-5.JPG

遊園地より面白かったです!

帰りはその線路沿いの道を徒歩で下ります。30分ほどでしょうか。途中雨が降り出してかなり寒かったですが景色がすばらしく「情人歩道」と言う名前のとおりたまにすれ違うのは皆若い二人連ればかり(笑)となかなか趣があって楽しかったです。
今度は老公と行こう〜〜♪

08.1.26-8.JPG 08.1.26-9.JPG


昼食は山菜尽くし。店の前にあるたくさんの山菜を指差しで頼みます。

08.1.26-11.JPG 08.1.26-10.JPG

ほとんどが初めて見る山菜でもっとたくさんの人数で来たらもっといろいろな種類が楽しめてよかったな〜〜と思いました。左側の竹に入れて蒸した粽もとっても美味しかったです。行かれる方は是非!

帰りは台北行きのバスに乗ってのんびり居眠りしなが帰りました。

「台大医院」でバスを降りて二二八公園を横切り「国立台湾博物館」によりました。
特別展は北欧の操り人形の展示(20元)でした。100年以上前の小さな人形の表情の豊かさや色合いの美しさや精巧さに心から驚きました。地下の常設展も落ちついた雰囲気で建物自体も階段や壁に趣があり疲れたときにのんびり行くにはいい場所のようです。

08.1.26-12.JPG 08.1.26-13.JPG

次に向かったのが西門(Jayphoto)・・・なぜかこの日は中高生が凄い!
どうやら終業式か試験が終わったか・・・とにかくありとあらゆるジャージが洪水のように溢れていました。

ここで疲労感が脳内にも体内にも充満したのでいったん撤収(17:00)。

夕食は「度小月」デザートは「東区粉円」
この日に到着したhさんとmさんと合流して4人でのお食事でした。

帰りに「敦化駅」忠孝路沿いのワトソンズでちょっと買い物をして「luxyか〜〜〜」と一人小声でつぶやき、近くのコンビニでビール買って・・・部屋に戻りました。
就寝は多分24:00くらいだったかな?

やれやれ・・・観光旅行は続くよ・・・どこまでも・・・。
(えっ?今回は観光旅行なんでしたっけ?と一人突っ込み・・・つづく)
posted by MaMa at 10:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

癒し?

観光旅行も淡水コンサもハンコ会も後回しにして・・・と。
(後になって書くか?も怪しいですが・・・)

台北に着いた翌日18日の午後「珍蔵 周杰倫 PHOTO JAY CHOU」をちょっと見てきました〜♪場所は台北電影主題公園(西門武昌街を真っ直ぐ突き当りまで入っ左側)です。

武昌街を真っ直ぐ行くと先ずは右手に映画のたて看板賀お出迎え〜。

2008.1.24-1`.JPG

2008.1.24-2.JPG

どんどん歩いていくと左手に公園。

2008.1.24-3.JPG
(左側)
2008.1.24-4.JPG
(右側)

この間を抜けると正面入り口です。

2008.1.24-5.JPG

2008.1.24-6.JPG
(入り口の左側)

2008.1.24-8.JPG
(入ってすぐの壁一面のこの写真はサイン入りです。実はとても大きい写真です私の背がちょうどJayの唇の辺りまでです。)

2008.1.24-6.JPG


一番気に入っている大きな写真(何かにぶら下がって逆さまに写っている)があったのですが・・・私が一緒に記念写真を撮ってしまって・・・お見せできません。う〜〜ん!本当に残念〜!(どうしても見たい方は個人的にお申し出下さい〜〜笑)

そうそう行きの便(チャイナ)で「不能説的・秘密」が見られました〜♪短めの映画なので・・・2回も見ちゃった(爆)

あ〜〜癒しのJay!(爆!爆!)
posted by MaMa at 16:49| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

ただいま!のかわりに〜♪


淡水の写真を少しだけ。

2008y01m23d_091251750.bmp

08.1.19−淡水ー3.bmp

08.1.19淡水ー2.bmp

08.1.19淡水ー4.bmp

昨夜帰国しました。
心身ともに疲労困憊・・・書ける事もかけない事もありすぎる今回の旅の顛末はまたユルユルと・・・。
posted by MaMa at 09:47| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

一足お先に〜♪

淡水・漁人馬頭・情人橋にはいくつも思い出があります。

初めて台湾に行った2004年3月・・・温かなコンクリートの桟橋に腰を下ろし缶ビールを飲んだこと。
夏ジリジリと焼けるような暑さの中、淡水河の水面を飛ぶように走る船の水しぶきでびしょぬれになって老公と大笑いしたこと。
12月には初めての一人旅で海に沈む太陽と水面に出来た一本の光の道の美しさに涙が溢れたっけ。
2005年3月何のイベントもないのに行った迷朋さんたちとの観光旅行での楽しかった思い出。
うだるような蒸し暑さの中岸辺の階段に腰を下ろし地元の観光客に混じって落日を待ちながら食べた背の高いアイスクリーム。

そして2006年も2007年も台湾を訪れるたびに時間があれば必ず淡水までは脚を伸ばした。

台湾が私の聖地となって4年。
渡台は多分11回か12回?もう忘れちゃった。

恋しくて胸が張り裂けそうだったあの頃「情人橋」と「美作君」でタイムスリップラブストーリーまで書いてしまったっけ。懐かしいな・・・あのお話何処に行っちゃったんでしょう?パソコンの中で迷子になったみたいで探してみたけど見つからない(笑)

願いは叶う・・・必ず。

情人橋のたもとで君に会えるなんて・・・あの時いったい誰が想像したでしょう?
やっぱり私には予知能力がある・・・?

又一つ思い出を作りに行ってきます。
ちょっと早いのですが明日の朝早く出発です。

私の大好きな淡水の夕日・・・お留守番においていきます。
KIF_0785.JPG

2004年12月一人旅のときの画像です。

行ってきます。
posted by MaMa at 17:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

夜は見えるか?

映画「レンブラントの夜警」を見てきました。
http://eiga.com/official/nightwatching/

新宿南口高島屋の12階にある「テアトル新宿タイムズスクエア」はスクリーンが大きくてシートの傾斜が急で今時珍しい(あれ?最先端?)映画館でした。横に広い作りのために座席の一列の横が長く通路が少ないためにいったん座席に座ってしまうとかなり出にくい感じです。座席がちょっと硬いのと幅が狭くて窮屈なのと飲み物を置く位置が今ひとつなのと音量が大きすぎるのを除けば雰囲気は悪くないです(あまり褒めてないみたいですが・・・なかなかいい映画館でした)

で映画ですが、
芸術家を題材にした映画は明るく元気が出てくるような内容なわけも無く・・・はっきり言って疲れました。
セリフの量が多く込み入った内容が語られるため字幕の量が多くて視力の悪い私には読みきれないときもあって、でもキチンと読まないと内容が複雑で理解できなくて・・・でももしちゃんと読めていても理解できないくらい難しくて・・・苦戦しました。
でも映像は何処を切り取ってもレンブラントの絵を見ているように考えつくされた光と影のバランスで・・・圧倒されます。でもその画面にウットリ見入っていると内容が分らなくなるし・・・なんだか台湾で繁体字の字幕の映画を見ている気分でした。

「何を見ていたのですか?」
「夜を見ていたのです・・・」

夜の景色でもなく、
夜の星空でもなく、
夜を見る。

そうか夜は見えるんだ。

でも私そういうものが見られるのだとしたら・・・やはり、
夜ではなく朝が見たいと思うタイプだと・・・・しみじみ。

夜は漆黒で何処までも続く闇というなら、
朝は透明で何処までも続く光にたとえられるかな?

どちらも見たことが無いような気がします。

今思い出してもいくつかの美しい構図が思い出されます。

大きなスクリーンいっぱいの闇の中に白い衣装(布だったかな?)のレンブラントが幼い子供のように画面右隅で膝を抱えてうずくまっているシーンは絵画そのものでしたし。

画家と絵画を描いた映画としてはとても優れていると思います。

しかし・・・10:30からの上映。
私たちは10:00ちょうどについて12階まで上がったのですが・・・、
なんとすでに20m以上の列・・・で5分ほどして後ろを見たら最後尾が見えませんでした。
当然席は満席でした。

おそるべし!レンブラント!!
posted by MaMa at 11:03| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

好きです。

スポーツが好きです。

「女の叔父さん」と言われるくらい・・・K1とかプライドなどなかった時代の普通の格闘技(プロレス・ボクシング・アマレス・柔道・相撲などなど)も良く見ましたし。球技ももちろん大好き!大人数から個人戦まで大きなボールから小さな玉まで何でも楽しみます。陸上(トラックもフィールドも)も水泳も短距離から長距離まで何でも見ます。
自分でやるのはごく限られていますけど。

で、先日ラグビー中継をテレビ観戦中に私が思わず
「ったく!そんなところでノッコンするな!バカタレ!!」
と言ったらしい・・・すると息子がちょっとはなれたところで、
「じゃ〜〜自分でやってみろよ」とぼそっと言いました。

現役を引退してからも草ラグビーを続けている息子は多分まだ自分がやっている立場で見ているのかもしれません。自分もするかもしれない失敗をあしざまに指摘して罵る応援の仕方をとても品の無い野蛮で嫌な感じのことと思っているようです。

自分の出来ること以外文句をいえないとしたらスポーツ評論家なんか困るでしょうね(笑)

朝青龍が以前懸賞金を受け取る際の手刀を左手で切るとこを美しくない行為とか、土俵上でのマナーが悪いとか言われていましたけど、私は彼の舞うような土俵上での動きが大好きでした。鍛えられた腕を鷹が飛ぶように斜めに上げてから勢いよくマワシを叩くしぐさは本当に美しいと思っていました。
今又彼はマスコミどころか審議委員からも槍玉に挙げられています。
彼を一番嫌っているという方の表情や話し方や髪形のほうが私は好きになれませんけど。

明日から本場所です。
まだ27歳の君がここ数年日本の国技を支え続けた苦労を思うと頭が下がります。
朝青龍がんばれ〜〜♪

で・・・大学ラグビーは今日決勝戦です。
「早稲田×慶応」・・・この小雨降る極寒の中どんな試合になるでしょう?

出場していたらきっと国立の舞台に立つはずだったリーグ戦グループの王者「関東学院」は今頃どんなお正月を迎えているのでしょうか?合宿所での大麻栽培と言う事件がたとえ200人近い部員の中の数人が起こしたことだとしてもやはり「とんでもないこと」に違いはなく出場辞退は当然のことだと私も思います。
4年生の中には幼いときから何年もラグビーと関わってきて大学でラグビーを終わる子もいたはずです。本当に胸が痛みます。でも特にラグビーと言う超団体競技においてはともに戦いともに暮らす仲間の心の隙に気づかなかったメンバー全員の責任は他競技よりも重いと私は思っています。春口監督を失い信頼を失い生まれ始めたばかりの伝統が途切れてしまうのでしょうか?悲しいです。

「早・慶・明」がいる対抗戦Gにばかり注目が集まる大学ラグビー界。
関東が辞退したリーグ戦Gの代表4大学は準決勝にも残れませんでした。
関東の復活・・・待っています。
必ず春は来ます・・・がんばれ・・・がんばれ・・・がんばれ・・・・。


「じゃ〜〜自分でやってみろよ」

ごめんね・・・自分じゃ出来ないから祈るように応援させてください・・・。
posted by MaMa at 10:45| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

歩きます。

仲良しの友人(呉近所のhちゃん)とオシャベリしながら電車に揺られていたら、各駅停車と思って乗り換えた電車が急行だった・・・・。

次の駅でUターンするか?いっそのこと行く方法を変更するか?

当然Uターンなんかしない!

目的地は原宿。

下車したのは新宿・・・。
南口から高島屋の前の明治通りをひたすら南下して、

フジタのビルの前で「明治神宮へはどう行くんですか?」と聞かれたり、
モロッコ大使館やトルコ大使館を「へ〜〜〜♪」と眺めたり、
080108_1147~01.jpg
バーゲンセールのBERMSを冷やかしたりしながら、

あっという間に表参道の交差点まで出ました。
(実はその後もいっぱい散歩しました〜♪)

8日火曜日のことでした。

二日遡って6日の日曜日。
老公と秩父宮ラグビー場で
08.1.11-2.JPG
(神宮球場方向です)

「トヨタ自動車×NEC」(12:00キックオフ)の試合を見た後、二試合目はスルーして散歩へ。

外苑銀杏並木側に出て青山通りへ、伊藤忠のビルの前の信号を青山墓地方向に入り、青山墓地をちょっと歩き千代田線乃木坂駅の歩道橋の階段を下りて国立新美術館(7日までが休館日で通り抜けも出来ませんでした)前を歩き六本木トンネルにさしかかったら・・・同じマンションに住んでいるお友達ご夫婦にばったり!・・・こんなところで会うなんて!とビックリしつつすれ違ってミッドタウンへ。老公は初めてのミッドタウン「日本じゃないみたいだな」との感想・・・いったいどういう感想なんだ??ちょっとひと休みした後乃木神社に初詣して帰宅。
08.1.11-1.JPG

もっと遡って元旦。
暖かな晴天でした。
いつもなら私の実家に遅めの朝食(お雑煮)を食べに行って駅伝見ながらのんびりするのですが、今年はなんとなく散歩に出ることにしました。
老公と私が実家まで母を迎えに行き(10分ほどですけど)まだまだ緑の残っている住宅街を歩き遠回りして駅まで出て2時間ほどの散歩でした。

で・・・「元日にすることは一年中することになる」・・・だから元日に台所に立たつと一年中忙しい目に合うから暮れの内におせち料理を作り元日はのんびり過ごすってことらしい。だから元日にはその他にも掃除をしないとかお財布を開けないとか・・・いろいろ。
・・・とhちゃんが教えてくれました〜♪(笑)。


ってことは我が家は今年も「歩く!あるく!アルク!」か?
posted by MaMa at 08:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

「気」をこめて

誕生日のプレゼントに「スピリチュアル紀行―台湾―魂をゆさぶる麗しの島」光瀬憲子著(東洋経済新聞社)と言う本をいただきました。

49204293.jpg

題名のとおりちょっと変わった視点で書かれた台湾の案内本です。
著者がたずねて歩くのは一般的な観光客が訪れるところだったり、先ず普通の人は(台湾人だったとしても)行くことすら無理でしょう?と言う場所だったり、いろいろなのですがどれ一つとっても観光案やただの説明ではなく自分の内なる世界に引き寄せて思い出や未来につなげて魂の震える様子を書き綴っています。紀行文の文章としてかなりウェットな文体でまるで小説のようです。

自分が出会ったもの、大切に思ったもの、信じたものと決別して、人生をリセットした著者が、運気に導かれて心の奥底に深く沈殿していた「魂をゆさぶられた麗しの島」に勇気を振り絞って再び自分探しに行く旅をまるで著者と一緒にしている気分になります。
たくさんの写真とともに何度でも読み返したい本です。

素敵な本・・・ありがとうございました。

台湾に惹かれる不思議さをかみ締めつつ・・・生まれたことを感謝します。

お祝いメールを送ってくださった皆様、心のどこかで今日私の顔を思い浮かべてくださった皆様ありがとうございます。
私の回りに「気」が満ち溢れているのを感じます。

「おめでとう〜♪」を「ありがとう〜♪」

続きを読む
posted by MaMa at 17:03| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

アットいう間の上海−2−

26日(水)
8:30にホテルスタート。
「上海体育館站」から地下鉄1号線に乗って「南京東路站」(私の持っているガイドブック06−07年版には「河南中路」)で下車、朝早くてあまり人も歩いていない大通りをバンド方向にブラブラと歩きます。で、やっぱりJay様は何処にでもいらっしゃる!

続きを読む
posted by MaMa at 16:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

アットいう間の上海

昨年からの宿題を先ずは消化しなくっちゃ!ってことで先ずは上海の旅行記から今年はスタート。3泊4日空港からホテルまでの送迎だけが付いた自由行動のツアーで老公との二人旅です。

上海
24日(月)
上海体育館の南側にあるホテルに到着したのは夜10時を回っていたのでホテルの近くのコンビ「羅森―ローソン」に買い物に行っただけでその日は終了。ホテルの窓(13階)から上海体育館の屋根がなんとなく見えることを確認してちょっと前にあそこにJayが居たんだわ〜〜とニンマリしつつバスタブにお湯をはっていると上海の水の臭い(匂いじゃありません・・・爆)が部屋中に充満して「上海に来たわ〜〜!」と強く実感しました〜(笑)

続きを読む
posted by MaMa at 22:59| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

新しい年

新しい年を迎えてから5日も過ぎてしまいましたが。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年考えよ!と持ち越した「赤毛のヴァン会いに行こう〜♪」はというと、
いまだに決定していません。

いえ!行くことは決定したんですけど・・・。
いつからいつまで・・・がなかなか決められない優柔不断な私。

格安航空券3日前でも買えるのもあるし・・・まっいっか・・・。
ユルユルついでに来週に持ち越そう・・・(爆)

とまあこんな感じで新しい年を迎えております。


で、新年の呉挨拶に半年振り(どんだけ〜?)くらいに覗いた「F4後援さん」でいただいたVanness画像があまりに魅惑的だったので思わず貼らせていただきます。

2008.1-1.bmp

やっぱり!
「babybaby〜♪babybaby〜♪絶不能失去ni〜♪」

古っ!・・・だって新しいのまだ聴いてないんだもん!!(爆)
posted by MaMa at 12:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。