2009年10月30日

オレンジ色の


10月も残り二日。

街を歩くとそこかしこに「ハロウィン」の飾り付けがいっぱい。

10年前はこんなこと無かった・・・と思うけど・・・な。
20年前には絶対に無かった・・・きっぱり。


で、時代の波にのってキーホルダーとストラップを「ハロウィン」にしてみました。

091030_0832~01.jpg

やわらかいバックスキンで作ったので手触りはふわふわ〜〜結構気に入っています。



二年前・・・の。

091030_0838~01.jpg

愛しい君から手渡された唯一形のあるプレゼント。
黒猫のほうにはまだ中身が入っています・・・。

手渡たされたあの日のことも、
くもの巣のチョコを小さく小さく割ってみんなで食べた日のことも、
忘れない・・・絶対。

・・・お元気ですか?


posted by MaMa at 10:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

うん!いくいく〜!


女心と秋の空・・・冷たく突き放された翌日にはホットな一日がやってきます〜♪
昨日は本当に温かかった!

というわけで・・・ね・・・行っちゃう?
うん!いくいく!!

091027_1006~01.jpg
(東急大井線「富士見橋」からの眺め、小さく白い富士です。)

目的地は上野毛「五島美術館―伝えゆく典籍の至宝」

時代を超えて伝えることの荘厳で謙虚な佇まいがそれほど大きくは無い展示室に満ち溢れていました。
歴史・文学・仏教・美術・・・書物という文化の凄みを感じました。

濃い葡萄色の和紙に渋い金色の小さな文字で7メートルにも及ぶ巻物はこの世のものではない・・・美しさでした。

心惹かれたのは嫁入り道具のひとつとして持たせたと言う「伊勢物語」
15センチ角ほどの小さな和とじの本なのですが・・・嫁ぐ娘の邪魔にならないように嫁ぎ先に気を使いつつ・・・しつらえたのでしょうか?

「伝えゆく典籍」
書物は過去から未来への記録。
書物は生きる心の糧。
書物は未来への道筋。

というわけで・・・典籍つながりで「冷泉家―王朝の和歌守展」にも行きたくなってきました。


で、五島美術館は庭園もステキなんです。

091027_1113~01.jpg

091027_1115~01.jpg

091027_1117~02.jpg


ねっ!すてきでしょう?
行ってみたくなってきたでしょ?
・・・間もなく紅葉の季節ですもんね〜♪

いろんな理由をつけてやっぱり「うん!いくいく!!」ですよね〜〜。
posted by MaMa at 09:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

雨にも負けず


風にも負けず・・・秋の突然の寒さにも負けず!

昨日最終日の「横浜開港資料館」の企画展示「横浜中華街150年」を見に行ってきました。

まっ・・・はっきり言ってちょっと期待はずれではありましたが、
華僑と呼ばれる人々が異国で根を生やし枝を広げ大樹となっていく過程が、
さりげなく展示されていました。

日本だけではなく地球上の大きな都市にはどこに行っても必ず中華街があると言う事実は、
その数と同じだけ夢を叶えるための辛くて長い「過程」があったということなのだとあらためて思います。


今回の一番の収穫はなんと言っても!

「天長門」近くの「山下町公園」に露店を広げている「おばさん」との出会いです。
果物を少しと台湾系の食材を台車や新聞紙の上に並べて売っているのですが、
とても日本語が下手で(←悪口じゃないのごめんんなさい〜)・・・こちらがほんの少し中国語をしゃべったとたんもう完全に中国語オンリーに頭が切り替わって・・・もの凄いスピードで話し始め度肝を抜かれました(大笑)

熱々の作りたての(毎日自分で作って持参するそうです)巨大な大根餅の塊を「私が作ったんだから絶対に美味しいから!」と勧められ、
中に入っているものを説明してくれるので・・・分からない単語を尋ねるために「dongzi?」と繰り返したら、しばらく悩んだおばさんは「タケノコ」と教えてくれたのですが・・・タケノコは「sun・・・zhusunだろ・・・?」と思ったもののその場は納得して・・・帰りの車の中で「donggu=しいたけ=きのこ?」を思い出しこっちかな〜?などと考え考え・・・本当に楽しかったです。
おばさんの住むエリアでは日本にいてもきっと日本じゃなく日本語は大して必要ないにちがいない・・・さすが中華街だなぁと感慨深かったです。

「今日は午前中雨が降ってたから午後から出てきたけど、雨さえ降らなければ毎日この場所で店を開いてるから又おいでよ!」と手を振ってくれて、私はもっと近かったらおばさんに中国語を教わりながら店番のお手伝いでもしたいくらい〜〜な気持ちでした(笑)


で・・・おばさんご自慢の「大根餅」のお味は干しえびと干ししいたけがたっぷり入っていて香もよく本当に美味しくて大当たりでした。しかもゆうに三回分はあるので切り分けて冷凍しました(コレもおばさんが教えてくれました)
一緒に買った「香腸」も懐かしい台湾の香がして・・・う〜ん!サイコウ!

中華街に行ったら又必ず寄ろうと思います!!!


雨にも風にも寒さにも負けず老公と一緒に遊んでいます・・・ご安心ください(だあ〜れも心配してないって?笑)
posted by MaMa at 10:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

チベットの「守りがみ」

「ポタラ宮と天空の至宝 聖地チベット」を見に行ってきました。

入り口すぐのところに「おみくじ」の箱のようなものが置かれていて、
どうぞお一人様一枚ずつお取りください・・・とありました。
自分の「守りがみ」がわかるとのことで心をこめて引きました。

私の守りがみは「緑ターラー」―苦しみを取りのぞく女神―でした。

091023_1540~01.jpg


平日の午前中ということを差し引いてもかなりすいていて、ゆっくりじっくりとすばらしい「至宝」を間近に眺めることが出来て大満足でした。

・・・ただ・・・見てはいけないものを見たような部分もありました。


入って一番最初に置かれている黄金の「弥勒菩薩立像」のお腹右辺りの衣部分にマジック?(墨?)のようなもので数字が書いてあったり。

「十一面千手眼観音菩薩立像」の後ろの足元の台座にもその部分を現す中国語がかかれていたり・・・。

どちらも国家一級文物で国の宝というか人類の至宝のはずなのに・・・直接書いちゃうんですか・・・みたいな。

でも、展示されている一つ一つは本当に吸い寄せられるほどすばらしいものばかりでした。

密教美術・・・神秘のチベット。
じっと眺めていると抱きしめてみたくなるような菩薩や神々が多かったです。
私を守ってくださるという「緑ターラー神」の慈悲深くて美しい姿に思わず手を合わせて感謝しましたし。
ドクロの首飾りをかけて腰をくねらせて躍動する「ダーキニー神」にも心惹かれました。

来年1月11日まで「上野の森美術館」で開催されています。
posted by MaMa at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

小さい声で独り言


10月31日に国立競技場でラグビーの最高峰の試合があります。

ニッスイプレディスローカップ「ニュージーランド代表対オーストラリア代表」
http://bledisloecuptokyo.net/ (公式HP)


2019年に日本でのラグビーワールドカップ開催決定を記念しての行事です。

でも気楽に見に行くにはあまりにもチケットが高すぎます。

ピッチシート   70000円
カテゴリー1   20000円
カテゴリー2   16000円
カテゴリー3   12000円
カテゴリー4    7000円


7000円の席なんてゴール裏ですから・・・。
国立競技場は国立陸上競技場でピッチの周りにはぐるりとトラックやフィールド競技用のスペースがあり・・・本来球技を観戦するのは向いていない競技場です。
・・・ゴール裏は限りなく遠いのに。
こんな見にくい席に7000円も払いたくない・・・でも見たい・・・普通のテレビじゃ放送しないし(wowowで生放送)

っていうかピッチシートの70000円・・・「SOLD OUT」ってマジですか?


世の中不景気って言うけど・・・ラグビー業界は関係ないのか・・・。


もとより満席は期待して無いでしょうが、
せめて4分の1は埋まりますように・・・なむ〜〜〜。

どうかバチが当たりませんように・・・(けっして反対のことは思っておりません!本当です!!って本当です!!!)
posted by MaMa at 09:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

2ヶ月で5本は多いのか少ないのか?

火星に行っている(ことになっている)間にもいろんなことがりました。
(このフレーズ気に入ったみたい・・・)

秋が過ぎていってしまわないうちに急いで「芸術の秋」っていうか「映画の秋」です。

「九月に降る風」 http://www.9wind.jp/
一番忙しかった9月の初旬に見に行きました。
高校時代の友へ思いや異性への屈折した感情や家族への苛立ちや・・・いろんなものが重たくて、思いや形は違うけど自分も通り過ぎてきた道であるからこそ、今の年を重ねて穏やかに暮らす自分の幸せを思いました。

若さはステキだけど・・・若さは辛くて痛いです。

「孫文−百年先を見た男」 http://www.sonbun.jp/
「志」を持つということは政治家にとって一番重要なことだとおもいます。
まずは「志」があり、その「志」を多くの人に伝えるための強い言葉を持っていること。そして「志」を実現するためにたゆまぬ努力をし続けること。そんな政治家のもとにこそ、それ支える多くの人とお金が集まる・・・それが「同志」ということなのでしょう。

「プール」 http://www.chansonia.jp/
愛情は気がつかないくらいのほうが・・・深いことだってある。
本当に大切なものは・・・そっとそっと触れるのがいい。
命にかえてもおしくないくらいの愛しいものは・・・遠くから眺めているくらいがちょうどいい。

時間の速さは誰にでも同じように流れているはずだけど、
長さは・・・どうなんだろう?

「幸せはシャンソニア劇場から」 http://www.chansonia.jp/
悲しいことは悲しい。いくら楽しいことがあったて悲しいことが帳消しになるわけじゃない・・・と私は思う。それはそれ・・・これはこれ。
悲しいことばかりだとほんの少しの幸せが胸にしみることもあるし。楽しいことばかりだとふっとした悲しみがつらすぎて倒れて起き上がれなくなることだってあるんだよね。


後一本・・・見たはずなんだけど・・・思い出せない(ついにボケたか!)
思い出せないくらいの映画だったってことで・・・ながしましょう。
(やっぱり、そのうち思い出したら書き足します〜笑)
posted by MaMa at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

スポーツは見るものです!か?


火星にいっている(ことにしてある)間にもいろんなことがありました。

秋が過ぎていってしまわないうちにまずは「スポーツの秋」

神奈川県高校野球秋季大会決勝「東海大相模×桐蔭」
保土ヶ谷球場は本当に久し振りでした。
ラグビー場の座りにくいシートに慣れているので、そのすわり心地のよさに感動(笑)
例年は夏の大会を見に行くのですが、火星に行っていて(まだ言うか!)日程が合わずにいけなかったので凄く楽しかったです。応援している相模はめでたく優勝〜♪夏は三年連続決勝で負けてるので・・・「やった!」と言うより「ホッ!」な気分でした。
やっぱり若い子が頑張る姿を見るのっていいわ〜〜。

保土ヶ谷ラグビー場
高校野球の帰り道・・・息子が高校時代に良く試合していた懐かしいラグビー場を見に行ってみました。わ〜〜びっくり!何か試合をやっています。
どうやらクラブチームの大会のようで少しベンチに座り眺めていると???なんか見た顔じゃない?息子の後輩が4人も・・・しかもこの4人は神奈川代表(高校)クラスの選手だったのにラグビーはもうお腹がいっぱいと言って大学ではラグビーをやらなかった子供たちでした。社会人にって楽しそうに休日にラグビーをやっている姿を見られて・・・なんか泣きそうなほど嬉しかったです。

駒沢競技場ラグビー観戦「JAL×?」「東海大×大東文化」
駒沢公園は多分十年ぶりくらい(もしかしたらもっとかな?)。
午前中「千歳船橋」から「世田谷公園」まで歩き「オルセー美術館展」を横目で見て(笑)百人一首が刻まれた用賀までの遊歩道を歩き、用賀からはバスで駒沢公園へ移動しました。
この日も各チームに小学生時代や高校時代から知っている青年たちが元気に出場していて見ていてもウキウキしました。

あっ・・・それに昨日は「リョウ君」も「マー君」も「CHEN君」もテレビで応援〜♪


あれ?これって「スポーツの秋」じゃなくて完全に「スポーツ観戦の秋」ですね。


う〜〜ん・・・レッグマジック毎日乗ってます・・・じゃだめかしら?
posted by MaMa at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

ぴん〜ぽん〜♪お届けものです!


火星にいっている(ことにしてある)間にもいろんなことがありました。


まずは我が家に届いたものをご紹介。

091017_0923~01.jpg

「2010年カレンダー」
来年はこのカレンダーを飾ることは出来るかな?
「ヴァネ部屋」復活にかかっているのですが(笑)
今のところ我が家の家族構成が安定しない状態で、先行きの見通しが不透明な状態が続いているの・・・どうでしょう?

「THE BEATLES」
ご存知ビートルズのCD全集です。発売当日老公が嬉しそうにHMVの袋を抱えて帰宅しました〜♪三分の二は持ってるはずなのですけど・・・まあ私も同じCD何枚も持ってるので・・・なんとも(爆)

「レッグマジック」
健康運動器具です。Bさんが絶賛するので「ひ〜ちゃん」のダイエットに期待して買ってみました。ひ〜ちゃんは半月もしないで挫折(笑)私は結構続いています〜♪
体重は全く落ちませんが、お腹周りが少し締まってきたような気がします。気のせいかもしれませんが便秘が解消されたかも・・・?


そうそうプラチナ(色の)チケットも届いたのに・・・会場で没収されてしまいました。
携帯で写真を撮っておけばよかった・・・しょぼん。

posted by MaMa at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

二日酔いに効く?


可愛すぎるヴァネに二日酔い消化不良状態の翌日・・・のこと。


「移転した山種美術館にでも行ってみる?」←当然老公のセリフです。

絶対に断れません・・・「うん!いく〜♪」と答える私。


場所は恵比寿から明治通りを横切り坂道を上がった広尾高校の向かい辺りなのですが・・・どうせ都会を歩くなら代官山辺りのほうが・・・ねっ。万が一ってこともあるし・・・(無いですけど!!)

で!結局以前から気になっていた「旧朝倉家住宅」に行き先変更。
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/asakura.html

敷地はさほど広くは無いのですが、重要文化財の建物と庭園は落ち着いた雰囲気で都心にいることを忘れられるような穴場スポットでした。外国人のお客様を案内してみえている家族連れの方を数人お見かけしました。関係ないですが・・・年配の女性が流暢に英語を話しているのってなんてステキなんでしょう・・・ね。

久し振りの代官山は新しい建物やお店がいっぱいで・・・人もいっぱいで・・・街歩きは早々に切り上げて次の目的地に向かいました。

猿楽町を抜けて渋谷まで歩き東急のデパ地下で美味しそうなものをいくつかとワインのハーフボトル買い込み銀座線で秩父宮ラグビー場に向かいました。

12:00からと14:00からの二試合だったのですが着いたのは一試合目の後半開始早々。関東の出来がいまひとつなのか流経の頑張りなのか?かなり力の入るいい試合でした。
二試合目は一方的な展開でつまらなかったので後半が始まってすぐにグラウンドを後にしました。・・・結局お弁当を食べてワイン飲んで・・・退散ってことでしょうか(笑)

帰りは都立青山高校の横を抜けて裏原宿から明治神宮前までキョロキョロしながらの散歩コースでした。

しかし表参道と明治通りの交差点辺りの人ごみは尋常じゃありません・・・。

老公「何でこんなに人がいるんだ?」
私 「私たちみたいな人がいっぱいいるからじゃない?」

老公は簡単に納得しちゃったのですが・・・多分そういう理由じゃないと思います。


私の二日酔いはそんなに簡単には快復しそうにありませんが、
二人散歩はやっぱり楽しいなぁ〜〜と思います。
posted by MaMa at 09:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

秋ですね。


もしかして秋のせいかな?

一人になりたい・・・とふっと思ったりします。

いつもなら誰かを誘う場所へ、
一人で行ってみたくなったりします。



最近一人でしたこと。

映画鑑賞「プール」 http://pool-movie.com/

日比谷公園の「グリーンテラス」で小雨にけむる深い緑に包まれワイン片手にランチ。

ほんのちょっといつもより高額なお買い物。

銀座4丁目から日比谷・霞ヶ関のビル街を通り抜け虎ノ門のPビルを右折してホテルオークラの前を通りアメリカ大使館を迂回して溜池山王から六本木通りに出たら左折してアークヒルズの坂道を上り六本木交差点を右折して乃木坂まで・・・散歩。


一人散歩の話を後日老公に話したら、

「楽しかった?」と聞かれました。

「楽しいから歩いたわけじゃないの」と答えたら、

「じゃ〜何故歩くの?」とまた質問され、

しばらく答えに詰まってから・・・私は正直な気持ちで、

「修行かな・・・」と答えたんですけど。

老公は少し驚いていた様子でした。


相手のためになることなら相手の望まないことでも・・・するべきなのか?
誠意を持って一生懸命尽くせば正義なのか?
正論を当たり前のように口にする自分が嫌になることもあるし、
言わないでおこうと思うことを言わないでいることが苦しいこともある。
いろんなことを飲み込んで、それでも苦しくならないように、
「ごくん・ごくん・ごくん」と飲み込んで、それでも笑顔でいたいです。

揺れる精神状態には「ただ歩く」ということが・・・いいような気がします。

だからひとりでトボトボ歩くことはやっぱり「修行」です。


老公にとっては思いもかけない答えだったようで絶句していましたが、
なんとなくは分かってくれたようです。
能天気な妻にもそれなりに悩みはあるんです・・・(秋ですから・・・笑)


一人で歩かなくちゃだめな時もあるし、
二人で歩きたいときもある。


一人を楽しく過ごせれば二人はもっと楽しいはずだから・・・だから私がんばる。
posted by MaMa at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

永遠の数秒間は・・・。

まるでガラス細工のようなヴァネでした。

乳白色の透けるような肌を囲むようにくるりと短くセットされた髪も、
いっそう痩せたせいでとがったように見える美しい鼻ずじも、
肌よりもさらに白い綺麗な歯並びを惜しげもなく見せてそっと微笑む横顔も、
長袖の黒いTシャツがいつもより少し大人びた風合いだったことも、
私の名前を銀色のマジックで書くしなやかで美しい踊るような指の動きも、
「Thank you!」と言って目が合った瞬間の笑顔も・・・、

思い出せる全の愛しい姿をたどってみると、
もしかしたら、
今まで何度も何度も出会ったヴァネの中で一番可愛かったかもしれない・・・。


ほんの数秒だったから・・・愛しさが増すのかな。
ほんの数秒だったから・・・永遠に忘れない瞬間になるのかな。


でも、
今回の可愛すぎるヴァネは私に少しの違和感と困惑を残していったのも正直な気持ち。

・・・次は可愛すぎない普通のヴァネに会いたい・・・。


「下一站、幸福」・・・「下一站、更幸福」
posted by MaMa at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

プラチナ(色の)チケット


宇宙人にナンパされて・・・ちょっと火星まで一泊二日の小旅行へ〜♪

あらら・・・?
地球では二ヶ月と言う月日が流れていたのね。


と・・・しょうもない嘘をつかないと復活できないので一応そういうことで〜♪


本当にお久しぶりです。
とっぷりと秋になりましたね。


思い出すのも大変なくらいいろいろあった2009年夏。
でもヴァネを忘れた日は一日も無かった・・・。



私の中に住むヴァネはもうすっかり私の中の一部だし、
私が手を差し出すとそっと支えてくれるし、
いいえ手なんか差し出さなくてもいつもそこに温かに存在しているわけですし、

これからも私にとってヴァネはずっと永遠に不滅。

・・・永遠を確かめられる人間はいないけど、
信じることが永遠だからね。



留守にしている間に届いたプラチナ色の招待状は夜の部。


あさって・・・には会えるんだなぁ・・・。



台風一過の真っ青な秋の空を見上げて、
しみじみ幸せ色に染まるお久しぶりのMaMaでございます。
posted by MaMa at 09:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。