2011年03月31日

普通だった日々


3月10日までの日々がまるで違った日々に思えてなりません。
ずっとずっと昔のことのような感覚とでも言うのでしょうか?

ウェディングシンガー
http://www.tohostage.com/wedding/

震災前日の3月10日日比谷のシアタークリエでこのミュージカルを見ていました。
老公とひ〜ちゃんと三人で過ごす久しぶりの楽しい夜でした。

銀座にある熊本県のアンテナショップで

110310_1713~02.jpg

美味しい地酒と

110310_1721~01.jpg

馬刺しを食べ…

翌日に起きる震災のことなど予想するすべもなく・・・もし一日ずれていたら家族三人で帰宅難民になっていました。


そして・・・今日3月31日赤坂プリンスの新館が閉館しました。
30年に以上前ですけどここの旧館で結婚式を挙げた思い出の場所です。

110130_1216~01.jpg
(↑この旧館は残ります)


お別れというほどではありませんけど先月散歩の途中で寄って見ました。

被災者の方々を来月上旬から7月まで受け入れるとか・・・少しさびしくて・・・そしてとっても嬉しいニュースです。
posted by MaMa at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

七日目


大地震・大津波・原発事故から一週間がたちました。
日が過ぎるほどに重大さが増していくようです。

この一週間、
奥歯をギュッとかみしめ身体を固くこわばらせてテレビに映し出される映像を見ていました。

建物の残骸が原野のように広がる海辺の被災地。
「私が生きていていいのか、生きている意味がわからない」とつぶやいていた高齢の女性の目からこぼれる涙。

見ているのも辛すぎてテレビを消してみても、
少しの余震が不安で情報を得るためにまたテレビをつける毎日でした。

今日は自衛隊のヘリが原子炉に水を投下している映像が何度も映し出されています。

東電の事故対策に当たっている職員も、
派遣された自衛隊や警視庁の隊員も、
命がけで自分の使命を果たしているに違いないです。
胸が熱くなります。

雪の降る被災地では救援活動に多くの人が働いています。
被災者の方さえボランティアをしているとか。

今出来る人が出来ることを出来る限り担う。
そんな日本人としての自覚をかみしめています。

今私にできることなんてたいしたことはないけど、
何かせずにはいられない気持ちにさせられます。

何ができるか?
余りにちっぽけで恥ずかしいけどまずは確実にできることを書いてみます。

トイレの保温便座のスイッチを切る。
玄関の照明は消す。
暖房は昼は無し、夜はホットカーペットと膝かけ。
洗濯は一日おき。
朝食の後に夕食の準備をして洗いものはまとめてする。
お米があと3sしかないけど30日に届くまで何とか乗り切る。
家にある食材を全部書き出して一週間分のメニューを作る。
ティッシュペーパーも残り3箱だけど買い置きのあるロールペーパーで代用する。

決して買いだめに走ったりしない。
必要なものを買う時には余分に買わない。

とりあえず思いつくことはこんな感じ・・・かな。


被災地の方の苦難を思えばささやか過ぎてはずかしいのですが、
まずは出来そうなことから始めます。

被災地の悲しみや苦しみを同じようには共有することは出来るはずもないので、
私は私の出来ることで同じ日本人として共に同じ時間を担いたいと思います。


東北関東大震災・・・2011.3.11。

間もなく生まれる初孫に日本の復興の足跡を胸を張って語れますように・・・。
posted by MaMa at 14:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

春・・・かも。


近くの公園の「玉縄桜」が二分咲きです。

110306_1249~02.jpg


日曜日に母と老公とひ〜ちゃんと四人でお花見しました。
posted by MaMa at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。