2009年01月14日

2008年12月台湾北部6日間<5日目>

26日 (金) 「野柳」
野柳は私が今回老公を一番連れて行きたかった場所です。

でも一日かけるほどの距離でもないので、朝一番で総統府を回りお昼頃に野柳到着という予定にしました。

総統府は月〜金の午前中だけ中に入ることが出来ます。

2008.12.226-1.JPG
(今年の2月からだったか一ヶ月に一回は休日に入館でき、しかも正面の入り口からは入れるとのこと、行く方は調べてから行ってください。)

総統府正面向かって右の路から裏門方向に行くと9時前にもかかわらず既に列が出来ていました。
物々しい警備です・・・機関銃を構えた軍人がこちらに銃口を下に向けてはいるもののしっかりと構えた状態で警備しています。

パスポートを確認しカメラや携帯や大きなバッグを預け、貴重品だけ身に付けてやっと入り口に案内されます。英語・日本語・現地の人とそれぞれ数人に一人ずつ案内がつきます。日本語の案内の方はほとんど日本統治時代に日本語を覚えたと思われるかなり年配の人ばかりでした。

展示の案内の説明だけでなく・・・いろいろな話が聞けて楽しかったです。
しかし・・・あまりに熱心に説明してくださるもので・・・予定時間を大幅にオーバー・・・午前中一時間くらいの寄り道と思っていたら・・・見学終了したのは11:30(笑)

多分私たちの案内の方が特別だったようで本来は1時間ほどで回れると思います。

大慌てで「台北客運総站」まで車を飛ばしました。
金山行きのバス乗り場からバスに乗り込みました。

当然乗り込むときに老公は「到了野柳、請ni告訴我」(笑)
楽しそうな老公〜〜♪

バスに揺られること1時間とちょっとで野柳到着。
バスを降りてから目的地の「海岸自然公園」までは漁港の入り江の道を10分ほど歩きます。

2008.12.26-3.JPG 2008.12.26-23.JPG 2008.12.26-24.JPG


蟹を取る船や海の神様を祭る小さなお寺をながめながら、なだらかな下り坂です。

出発が遅かったのでとっくに1時を回っていてお腹もすいたので、
道の途中のお店で先に昼食をすませることにしました。

少し遅めのランチは海鮮。(上の写真の一番に右の店です)
店先で水槽の魚やえびや蟹や貝をを指さして注文します。

2008.12.26-6.JPG 2008.12.26-5.JPG 2008.12.26-4.JPG

後から出てきた蟹だけ写真を撮り忘れました〜(笑)

美味しいとは思いますが・・・それなりかな。

私はお土産やさんのアーケードで食べるのりのスープやビーフンお炒め物や阿仔煎のほうが好きでした(安上がりな私です〜♪)

2008.12.26-12.JPG

さて!お腹もいっぱいになったことですし!
やっと老公に野柳の景色を見せることが出来ます!!

野柳は本当に不思議なところです。

この日は風が強くて波が荒くて・・・荒涼としたけしが広がっていました。

2008.12.26-8.JPG

2008.12.26-9.JPG

2008.12.26-10.JPG

2008.12.26-11.JPG

地球じゃないみたいな・・・不思議な場所です。

この景色はとても文字に書ききれない。
本当に見たことの無い景色です。

是非是非行ってみてください。


帰りはま基隆経由で帰りました。

2008.12.26-13.JPG 2008.12.26-14.JPG
(乗り換えでわたる歩道橋から)

台北行きより基隆行きのバスの便のほうが多いようです。
基隆・台北間も本数が頻繁にあるので経由のほうが便利かもしれません。
ただ乗り継ぎの場所が少し離れているので気をつけて行ってください。
因みに直通で行っても、基隆経由でも料金は同じです。

基隆は夜市がたのしいので、野柳でたっぷり遊んで夕方から基隆を楽しむのもいいと思います。

私たちはこの日は初日の22日に押さえた「紅楼劇院」での芝居を19:30から見るために早めに引き上げました。

台北到着17:00。

予約してあったShow君とリーホンのCDを受け取り、

2008.12.24-21.jpg 2008.12.24-20.jpg

いったんホテルに戻り、夕食を食べに出かけました。

「種福園」お気に入りのお店です。
懐寧街の228公園辺りにあります。(上海極品軒のすぐそばです)

2008.12.26-15.JPG 2008.12.26-17.JPG 2008.12.26-18.JPG

注文すると店先で焼いてくれるモチモチとした皮でいろいろなものを巻いて食べます。中身より皮がおいしくて・・・(笑)
とろけるほどやわらかく煮込んだ牛肉がたくさん入ったスープも絶品です。

一人で入ってもOKですし、安くてカジュアルな食事が出来ます。

開演まではたっぷり時間が合ったので衝陽路を西角方向に歩き「干記杏仁豆腐」で一番シンプルな杏仁豆腐を食べ、西門の雑踏をぶらぶらして開演30分前に「紅楼劇院」に行きました。

2008.12.26-19.JPG

ひぇ〜〜予想外。

普通の劇場をイメージしていたのですが、
北京の「老舎茶館」の田舎版みたいな感じです。

2008.12.26-20.JPG

4人がけのテーブルにはお茶のポットが置かれ・・・なんかノスタルジックな雰囲気。

演目は美しい女房が夫の単身赴任中に不倫して・・・ソレがばれて裁判にかけられ処刑される・・・という話なのですが。独特のお笑いが含まれていて・・・両側に字幕が出るのですが良く分からない部分が多く、地元の方と一緒に笑い転げるというわけにはいきませんでした。
言葉も多分台湾語が中心で、字幕とかなり違う発音が多く文字を追っていると舞台が見られないし、舞台を見ているとほぼ100%内容が聞き取れないという有様でした(笑)

でも十分に楽しかったです。
老公も満足してくれたようで・・・良かった〜〜♪

2時間に及ぶ芝居だったので終わったのは21:30過ぎ・・・西門の街の路上ライブを見たり雑踏を一回りした後、静かな中山堂の前の石段に座り台北最後の夜を惜しみながら、旅のあれこれを振り返り二人でしばし語りました。

2008.12.26-22.JPG

ホテル着は10:30過ぎ。

明日で帰国・・・です。

ホテルのフロントのお兄さんに
「いつまで居るの?101の煙火は見て帰るの?凄くきれいだから見てから帰ったら〜♪」
と言われ・・・思わず「うん!」と言いそうななりました。

来年こそは・・・きっと・・・ね。
posted by MaMa at 10:02| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

2008年12月台湾北部6日間<4日目>

25日(木) 「内湾」  8:30ホテル発

ついに冒険旅行の一日の始まりです。
全く行ったことのない場所への遠出です。
新幹線・タクシー・バス・汽車・鉄道と乗り継ぐ予定で、地図も無いに等しい状態なので迷ったら聞く!と言うのがこの日の合言葉でした。

正直少し不安を感じつつの出発でした。

先ずは8:48発の高鉄(新幹線)で新竹へ。
新竹着は9:20。

新竹から竹東に向かいます。

台鉄の「新竹駅」から竹東へはバス便があるのですが、高鉄の「新竹駅」からは竹東へは不便なのでタクシーを利用しました。(340元ほどです)竹東から内湾へはバスで向かうつもりだったので「客運総站」(バスターミナル)まで行ってもらいました。

「総站」と言っても小さな田舎のバスの営業所といったおもむきです。

2008.12.25-3.JPG PA0_0015.JPG

「内湾」までは古い鉄道も通っていますが、どうも本数も少ないらしいと聞いてたので、行きはバスにしました。

「客運総站」の壁に書かれた路線図の分かりづらいこと・・・しばし老公と壁の文字をみつめながら論議しました。

内湾が終点ではなく「八五山」行きに乗ること・・・目的地まで34元ということが判明。
しかし出発時刻が分からない・・・聞いたら10:00発とのことラッキー〜♪
待ち時間は10分ほど、多いときでも1時間に2〜3本ということを考えたら乗り継ぎは良かったと思います。

因みに台北市内でも地方でもバスはおつりをくれません。
というわけで・・・総站で両替を頼んだのですが、

100元を10元10枚にはしてくましたが、
10元を1元10枚にはしてくれませんでした。(笑)

34×2=70(?)

二人分の70元を握り締めて待つこと10分・・・あれ?15分??
まあ・・・許容範囲の遅れです。(笑)

「到了内湾、請ni告訴我〜♪」と運転手さんに言ってバスに乗り込みます。

これは老公の役目です。

バスに揺られること30分ほど運転手さんが後ろを振り返って私たちに手で合図してくれました。老公の中国語確実に通じています!!!

ついに「内湾」到着!

内湾はひなびた感じの観光スポットです。

2008.12.25-4.JPG

名物と言ったら「つり橋」と「客家料理」とその家並みくらい。

でも内湾に着いただけでもう十分に満足・・・行くことに意味がある・・・そんなかんじです。

着いてすぐに汽車の駅を探し(バス停からは少し離れています)帰りの汽車の時間を調べました。昼間は1時間に一本(無いこともあります)くらいしかないので、帰りの時間を決めてから行動開始です。

2008.12.25-1.JPG 2008.12.25-6.JPG 2008.12.25-7.JPG

内湾到着が10:45、帰りの汽車の時間は1時ちょうど発です。
滞在時間は2時間ほどでした。

楽しみにしていた「客家料理」も堪能。

2008.12.25-18.JPG 2008.12.25-19.JPG 2008.12.25-20.JPG

写真左の右はきし麺の極太のようなものでとても美味しかったです。
中央のパストラミポークのようなお肉もOK!
右・・・豚のモツ・・・ダメだった・・・(好き嫌いなはずなんですけど〜笑)

再び竹東に戻ったのですが・・・思ったより時間が早かったので、まっすぐ帰るのはもったいないと思い、ついでに「埔里」まで行ってみることにしました。

ところが、同じ竹東でも汽車が着いた駅と「客運総站」はかなり離れていて、ぷち迷子状態。道を聞くこと4回で元の「客運総站」に20分以上かかってたどり着きました。
地図が無いのでどこをどう歩いたのか不明です。

埔里までは22元。 
22×2=45(5元玉が一個あって良かった〜笑)


因みに「埔里」に行かずに台北に戻る場合は下車した汽車の駅のすぐ近くから台鉄「新竹」行きのバスが出ています。もちろんタクシーで高鉄の「新竹」に戻り、来た道と同じ方法で帰るのが一番速いことは速いです。

「埔里」もどうと言うことはない小さな町というか村でした。

2008.12.25-2.JPG 2008.12.25-21.JPG

「冷泉」と「お茶」と「柿」(大きいのは大陸産、小さい台湾産のが美味しい)が有名ということを地元の御茶屋のおじいさんが教えてくれました。

このおじいさん日本統治時代に覚えた日本語をまだ少しだけ覚えていて、30分ほどお茶を飲みながらお話しました。素敵な出会いに感謝〜♪

時刻表も無いバス停で帰りのバスを待っていると・・・「あと少しで来るから〜♪」と荷物をたくさん持ったご婦人に教えていただきました・・・あと少しは20分ほどでした(笑)

本日3度目の「客運総站」に舞い戻ります(爆)

元々外国人の個人の観光客など来ることが珍しい場所に一日3回も同じ客が来て時間を聞いたり両替を頼んだり(全部老公の役目です〜笑)まるで芸能人みたいにじろじろ見られたり、笑われたり、心配そうに何回も早口で説明されたり、面白い体験でした。

さて!「竹東」とお別れしてバスにて「新竹」に向かいます。(所要時間は1時間弱)

「新竹」の駅舎は赤いレンガの建物でなんとなく懐かしいような趣のある雰囲気だったので思わず写真を撮ったのですが・・・後で日本統治時代に建てられたものだと知りました。

2008.12.25-8.JPG

「台鉄」は各駅停車から特急までいろいろあるので、とにかく一番早く台北に到着するのに乗ろうと思い、切符売り場でいい加減に「到台北最快到的車票・・・両位」と言ってみたら・・・あっさりポイッと切符をくれました・・・きゃ〜〜通じたのね!と切符を見てびっくり発車まで後2分しかない!!!

あせるあせる・・・改札を走って通り「月台」を探し・・・駅員さんを探し・・・。その辺に居るおじさんに聞いていた時・・・電車が・・・これだ!これだ!と指差すので素直に飛び乗って・・・「信じるものは救われる!」〜〜〜滑り込みセーフ(大笑)

台北着は17:45(自強号で70分ほど)

遠くまで足をのばしあちこち歩き回って冒険気分たっぷりだった割には早い帰り〜♪

普通ならここでホテルに帰るところですけど(笑)

MRTに乗り「忠孝復興」で木柵線に乗り換え「六張li」まで足を伸ばすことに。

2008.12.25-9.JPG

↑木柵線の「忠孝復興」下りホームの一番前からの景色。

元気です(爆)

基隆路を101の方向に向かって歩き「明月湯包」で夕食。

小籠包が美味しいこと!!!!!!絶品です。

2008.12.25-10.JPG

小さくて安い店なのですが感じも良くてわざわざ行ったカイがありました。

お店からすぐそばの臨江夜市に寄りました。

2008.12.25-11.JPG

香港の女人街を小さくしたような雰囲気で買い物しやすい雰囲気で気に入りました。

そこから・・・さらに基隆路にもどり北上し信義路を右折。

目の前に美しい101が聳え立ちます。

2008.12.25-12.JPG

101の北側にあるのが「LOVE」。

2008.12.25-13.JPG 2008.12.25-14.JPG

今回唯一ほんの少しだけV君を感じることが出来た場所でした。

2008.12.25-16.JPG 2008.12.25-15.JPG

4年前より地味になった101正面の飾りつけのクリスマスツリーを横目に歩道橋で「NYNY」にわたり、マックで恒例のの15元ソフトを食べて三越前の広場を抜けて帰ろうと思ったら、ライブ開催中でかなりの人ごみでした。翌日テレビでも見かけた女性シンガーでしたが名前を忘れました。

2008.12.25-17.JPG

ホテル着22:45。

これだけ歩き回ってもこんなに早い帰り時間・・・いつもの一人旅とは大違い(笑)

なんだかちょっと自信の付いた一日でした!
posted by MaMa at 22:13| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

2008年12月台湾北部6日間<2日目>

23日(火) 「烏来」 8:20ホテル発 
朝食は前日のホテルで引き出物に出たアンパン(爆笑〜♪)を簡単に食べて早めに出発。
近場の「烏来」に何故にこれほど早い出発なのか?
理由は簡単。
烏来で見たい原住民のショウが午前の部は10時始まりなのです。

新店線の終点「新店駅」で下車。
新店から烏来までは時間もたっぷりあるのでバスにしてみようかなと思っていたのですが、来たバスがかなり混んでいて座れそうになく、立ったまま坂道の荒い運転のバスに1時間近くも揺られるのはさすがにどうかということと、タクシーのお兄さんと話していたらまだトロッコの修理が終わっていないからバスを降りてから1時間は歩かないとダメだよ〜と教えてくれたこともあり、少し高かったのですが500元でトロッコの終点まで行ってもらうことにしました。因みに普通はトロッコ乗り場手前の観光街までなら400元が相場です。他に観光客らしき人でもいれば声をかけてタクシー相乗りするといいのですが・・・さすがに早すぎたのか相乗り希望者は居ませんでした、残念!

9:30過ぎに到着(早すぎ〜〜笑)

朝の澄んだ空気が気持ちよかったし、
前日に雨が降っていたおかげで滝の水量も多かったし、

2008.12.23-1.JPG

美しい景色が楽しめました。

今回一番の目的は「GAGA劇場」と言うトロッコの終点からすぐの右の急な階段
(↓風情のある階段でしょう〜♪)

2008.12.23-2.JPG

を上ったところから行く大きなホテルの中が会場のショウです。椅子もゆったりと大きくて驚くほど立派な会場です。

いくつか原住民のショウはあるようなのですが・・・ここはラストに見られる仕掛けが絶品です。背景の幕(カーテン?)がパーと開くと大きなガラス越しに一面に外の景色が広がります・・・美しい本物の滝・・・息を呑む景色です。

いらっしゃる方は舞台に向かって右側のほうに座ることをお勧めします。
滝がより美しく見えるはずです。

因みに料金は一人350元。ショウは約1時間ほどです。

帰りはトロッコの横の「恋人の小道」をゆっくり徒歩で下りました。

おやつに小エビと小魚のから揚げを買い食べながら歩きました。
注文すると既に揚げてあるものを二度揚げして熱々にして出してくれます。

2008.12.23-3.JPG
(調理中の様子です〜♪)

トロッコが走っていたら出来ませんが工事中の線路に入って写真を撮ったりしました。

2008.12.23-5.JPG

2008.12.23-4.JPG

いい感じでしょう〜♪

終点近くの情緒あふれるトンネルの中も映したのですが、トンネルおババのような私が映ってるのでお見せできないのが残念。(爆)
改修工事終了は多分旧暦のお正月頃かな(未定)とタクシーの運転手さんが言っていたような・・・多分(笑)。

右下に川の流れを見ながらのんびりと歩いて45分ほどでにぎやかな古い町並みに着きます。
トロッコが通っていたとしても下りはラクなのでトロッコに乗らず歩くほうが楽しいと思います。この日は少し寒いくらいの陽気だったので体も温まってちょうど良かったです。

昼食は前回入って美味しかったお店を無難に選択。

2008.12.23-7.JPG

烏来独特の野草料理と米酒を頼み・・・何か一品肉料理と思って鶏肉を頼んだつもりが・・・出てきたのは鳩のから揚げ・・・頭もおメメも付いてます(笑)

2008.12.23-9.JPG

気合で・・・ほぼ完食(いい経験でした!)。

帰りは一気にバスで台北に向かいます。

2008.12.23-10.JPG 2008.12.23-11.JPG

始発なので確実に座れゆっくり眠れるし台北まで70元は安いです!
遠くに新光三越が見え始めたら辺りをキョロキョロして下車の準備です。バス停の名前は分からなくても228記念公園が見えたところで下車。所要時間1時間半ほど?(多分)

老公が行きたがっていた228記念館をゆっくりと見学しました。

2008.12.23-12.JPG

展示の写真や日本語音声ガイド(借りるのは無料ですがスポートが必要です)を見聞きすると、台湾の人々が他のアジア諸国に比べて親日的であることの意味が分かるような気がします。

2008.12.23-13.JPG
(公園から見た新光三越方向の景色)

同じ公園内にある台湾博物館の前の道をまっすぐ三越方向に歩き三越手前の角を右折してすぐ右側にある「光南」に寄りCDやらDVDを物色。

「流星雨」(VCD)が85元(230円くらいかな?)で売られていました・・・持ってるのに思わず買いそうに・・・(ぐっと堪えました〜笑)。

いったんホテルにもどり一休みしてから夕食へ。

「上海極品軒」雰囲気も良くていいお店でした。

200.12.23-15.JPG
(この店の一番のお勧め料理)

200.12.23-16.JPG

二人だとせいぜいこれくらいしか頼めないのが残念。


場所は重慶路の「金石堂」の角を228公園側に曲がってすぐ右です。

夕食後は西門方面に歩き「中山堂」の美しい夜の風情を楽しみ、

200.12.23-17.JPG

ホテル着は21:30くらい。

老公と一緒だと品行方正な私で〜す。

そうそうこれくらいの時間に帰るとテレビで毎晩お兄さんとShow君と尊さんが出ているバスケットのドラマが八大で見られました。何気に一所懸命見たりしました。(笑

2008.12.23-18.JPG

2008.12.23-19.JPG

これってもう完結してるドラマのかしら・・・はてな。
posted by MaMa at 10:13| Comment(6) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

2008年12月台湾北部6日間<1日目>

6日間ひたすら観光の日々・・・かなり充実の旅でした。

私が一人で旅して「素敵〜♪」と思った場所へは老公を案内するというのが私たち夫婦の約束です。
もちろん100%ではありませんが。

因みに逆は今のところ無いです。(笑)

今回の旅行は一昨年から続けて3回も私一人で台湾に飛んでしまったので(アルバムだったり・・・観光協会だったり・・・ミニコンサだったり・・・その他もろもろです)、その時に私が気に入った場所を案内するというのが目的(約束の?)の一つでした。

私自身が楽しむというより老公のために立てたが観光旅行プランなのでのごくごく普通の観光旅行です・・・。


22日(月)
 15時前にホテル着
出発前に老公に希望を聞くと「京劇か古い芝居が見たい」ということでしたので出発前に現地で芝居のチケットが買える場所を探しておきました。私のパソコン力では日本からネットで購入するのは無理なので、日程と演目だけ調べておきチケットを扱っているという台北駅から程近い重慶路の「三民書店」の「年代チケット」(チケットぴあみたいなものでしょうか)まで早速チケットを買いに出かけました。(同じ重慶路にある「金石堂」でも扱っています)日本で調べたときに残席がかなり少なかったので結構あわてていました。
店員さんはとても親切で分かりやすかったです。座席表を見ながら26日(金)の紅楼劇院「鬼倫・神判・毒蜘女」のチケットを購入しました。最後列中央一枚500元也。
思ったより簡単にチケットが買えて一安心〜♪

一つ目の課題を達成しほっとしながらいくつか書店を物色しつつ、
いったんホテルにもどりちょっとフォーマルな服装に着替えて再度お出かけです。

今回ちょっとしたルートで「李登輝」の講演を聞く機会を得ました。

86歳になるその政治家は私の中では既に歴史上の人物で実在感が全くありませんでしたが、直接選挙で選ばれた初めての総統としての威厳と誇りと風格をいまだに十分に保っていました。横の入り口から入ってきた瞬間、会場が「し〜ん」となるようなオーラがありました。

2008.12.22-2.JPG

講演の内容も充実していて声にも86歳とはとても思えないほどのハリがあり、驚きと感動と感慨を深く深く感じた時間でした。
40分ほどの講演は時折少し口ごもることもあったのですが、流暢な日本語で「北京語よりも日本語のほうが堪能」という噂はまんざら嘘ではないような気がしました。

「人はどんな人でも国の奴隷になってはならない、奴隷はけっして国を築くことはできない。人は自分が国の主となって主と思って国を築かねばならない。」

この言葉が今も心に残っています。

ホテルのさほど大きくない会場でのほぼ100%台北在住の日本人の年末の会だったので、かなり間近で生李登輝を見る(聞く)事が出来ました。
こんな機会はもう二度とないだろなぁ・・・とこの文章を書きながら今また改めて思いかえしています。

で、この会は簡単な立食パーティーも付いていたのですが、そちらはちょっとだけ参加してそっと抜け出、徒歩で数分の「京鼎楼」で飲みなおしました。しかし・・・この「京鼎楼」初めて行った4年前には「なんて美味しいんだろう〜♪」と思ったものでしたが、お腹がいっぱいだったことを差し引いてもなんだか味が落ちたように感じました。

「京鼎楼」から林森北路を左折し、すぐ近くにある「頂好」でちょっと買い物をしてホテル着は22:00過ぎ。

タクシーを拾い帰ったのですがホテルの場所を伝えるときに、何かのパンフレットに書いてあった場所の説明「○○街口」という言い方を使ってみたらすんなり通じてとても嬉しかったです〜〜♪

今回泊まったホテルは(も・・・かな?)かなりの安ホテルなので運転手さんにホテル名を言っても場所が分からないんです(笑)

翌日からの天気をテレビで確認すると、ずっと曇りマーク&寒波到来(笑)
明日からの予定を少し練り直して24時前に就寝。

旅行一日目としてはかなり充実した半日だったと思います。

明日は「烏来」に向かいます。
posted by MaMa at 09:19| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

アモイ・コロンス


8月の2日〜5日アモイ・コロンス島に行っていました。
ずっと行きたかった場所でした。

旅のあれこれはまた改めて〜。

お土産代わりに街で拾ったJay〜〜(笑)

080804_1644~01.jpg
コロンス島の薬屋さんで

080804_1717~01.jpg
輪渡近くの中山路の靴屋さんの店先で

080806_1045~01.jpg
アモイ駅のウォルマートで

080807_2040~01.jpg
アモイ空港の待合室の本棚でー裏表紙のCM

大陸のどんな小さな街に行ってもJayは居ます。


<ひとりごと>
ヴァネは心の中に居るから〜〜いいんだ〜〜〜♪(笑)




posted by MaMa at 09:10| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

アットいう間の上海

昨年からの宿題を先ずは消化しなくっちゃ!ってことで先ずは上海の旅行記から今年はスタート。3泊4日空港からホテルまでの送迎だけが付いた自由行動のツアーで老公との二人旅です。

上海
24日(月)
上海体育館の南側にあるホテルに到着したのは夜10時を回っていたのでホテルの近くのコンビ「羅森―ローソン」に買い物に行っただけでその日は終了。ホテルの窓(13階)から上海体育館の屋根がなんとなく見えることを確認してちょっと前にあそこにJayが居たんだわ〜〜とニンマリしつつバスタブにお湯をはっていると上海の水の臭い(匂いじゃありません・・・爆)が部屋中に充満して「上海に来たわ〜〜!」と強く実感しました〜(笑)

続きを読む
posted by MaMa at 22:59| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

MaMa@香港―後編―


18日(金) 8:45ホテル出発

本日は香港島を楽しみます〜♪

先ずは「中環」駅で下車。
6月にきたときに3回お粥を食べた中で一番美味しかったお粥のお店
「羅富記粥麺専家」で朝食です。

前世は犬か伝書鳩・・と言われる私ですけど・・、
ちょっと道を間違えたらしい・・・、
でも優しい地元の老婦人が声をかけてくださり道案内をしてくれました。

・ ・・でも、なんか・・振り出しに戻っただけ・・みたいな・・(笑)

この辺りは「猛龍」の導入部分のリンゴが散らばるシーンで使われた場所(多分・・)。
2005111010em4p1.jpg
PICT0056.JPG

かえって、グルグル回れて嬉しかったです。

中環の「C」出口から出て、トラムが走る大通りを上環方面に少し行った右側に
「Inbase」(baleno・S&K・Ipzoneが入ってます)があります。

驚いたことに9:30で開いていました。
予想していなかったのでビックリ〜♪

正面奥にVannessいましたよ!

PICT0058.JPG

孝天も旭もいなかったのに・・Vannessだけ・・私を待っててくれたんだ〜♪

嬉しいです〜〜♪
(勘違いだと分かってますから放っておいてください・・)

で・・またもや・・シャッター押しちゃいました。
聞いたら絶対にダメって言われるので・・・聞かずにね・・。
(はい!良いこのみなさんは真似しないことよ〜〜)

安いし可愛いものもあったので、ついふらふらと寄り道です。
色々試着したのですが・・・
荷物になるので帰りにもう一回寄ることにして先を急ぎます。
って・・全然急いでません・・・。
優しいお兄さん嫌な顔一つせずに・・ありがとう〜♪


のんびりInbesaで遊んでいたもので朝食は10:00過ぎになりました。

PICT0059.JPG

相変わらず美味しかったです〜♪

ちょっとは普通の観光?も・・・。

ハリウッドロードにあるアンティークの店を目指します。

ここは人には教えたくないほど素敵なものがいっぱいのお店です。
特にブレスレットが・・お勧めです。

え〜〜い!!教えちゃう!!!
「趣雅閣」中環荷李活道89至91


そこからちょっと下ってキャットストリート・・。
ここはしっかり物を確かめて・・です。
安物つかまされないように・・・ね!

PICT0063.JPG

PICT0066.JPG

でも、私はこの辺りが大好きです!

Vanness関係なくても・・何回でも行きたいな〜♪

散々歩き回って・・昼食は「蓮香楼」へ!
「蓮香楼」はガイドブックにも載っていますから探してね!

私は初めて行ったのですが、地元の人々で溢れていて・・いい感じでした。

ワゴンで運ばれてくる飲茶は値段も量も手ごろで少人数でも十分に楽しめます。
特に女性二人連れなんていうときにはお勧めですし。
一人旅のときにも便利そうです!

PICT0072.JPG

PICT0069.JPG

地元の方との相席や雑然とした雰囲気に
一瞬気後れしそうになるかもしれませんが、
そこを何とか頑張って・・・是非香港に行ったら行ってみてくださいね!

のんびりお買い物してのんびり飲茶食べていたら・・あっという間に14:00過ぎてました。
もう一回Inbaseによって・・ちょっとお買い物・・。
時計見たら15:00・・大変!!

旺角のランガムプレイスで16:00〜「猛龍」(3回目)見るんだもん!!!
急がなくちゃ!!!

走るようにMRTの飛び乗ります〜♪

相棒のめぐっちは三回目は放棄!

ここは別行動ということで・・・(笑)
心配だ〜〜めぐっち・・・・迷子にならないでね・・アーメン!

私は3回目のVannessにうっとり〜♪
めぐっちも迷子にならず無事合流できました!

18:00です。

そうそう・・ランガムプレイスのかなにも、
「S&K」ありました〜♪(Ipzoneはなかった・・)
PICT0035.JPG


再び、
めぐっちと私はJayとShowのアルバムを買うために再び旺角の雑踏へ。

Vannessのポスターは手に入らなかったのに・・・。
は〜〜〜JayとShowのポスター貰った・・・、
くれるなら貰うけど・・・。

Showトランプまで・・・ついてる・・・要らないよ・・・。

「猛龍」のポスター・・・欲しいよ〜〜〜!!
Vannessのポスター・・欲しいよう〜〜〜!!!

え〜〜ん!え〜〜ん!!!

って、気を取り直して・・と。
この2枚のアルバムに関しては又改めて感想など書きますね。

のんびりCD選んだり・・生写真眺めたりしていたら、
あっという間に20:00・・・夕食は旺角で食べることにしました。
Ipzoneがある通りの2本ほど東側の辺りにたくさん小さな食べ物屋さんがある一角があるのでそこに行きました。
う〜ん、地元の人でにぎわうお店でしたが・・日本人の口には・・いまひとつ・・。

お店の方残しちゃってごめんなさい!

でも!!!

そこを出て雑踏の十字路!!!!

ちょっと上を見上げためぐっちが〜〜〜〜!!

「MaMa――――――!!!Vannessだーーーーー!!!」

と叫んだのです!

「ぎゃ〜〜〜〜〜!!!わ〜〜!!ふにぃ〜〜〜!!!」

意味不明に叫ぶ私・・・。

道行く人が振り返って変な日本人の二人連れを見つめておりました。

やっと大きなVanness出会えた瞬間でした!
PICT0076.JPG

ただの看板でもコレだけ嬉しいんだから・・、
生Vannessだったら・・・やっぱり死んじゃうな・・
だから・・会わない方がいいかも・・だね・・道端では・・。

ははは・・まあ道端で会うわけ無いけどさ・・。


そうこうしているうちに時間はどんどん過ぎていきます。

「銅鑼湾」のタイムズスクエアー向かいのビル32階にあるお茶屋さんでゆっくり最後のひと時をすごすか・・もう一回「猛龍」を見るか・・ちょっと悩んだのですけど、

お茶・・を選びました。

Vanness・・ごめんね・・・。

「新星茶荘」
普通お茶屋さんは高いのですが、ここは30ドル(約450円)と格安の上に雰囲気も最高です。
何より32階からの眺めは・・旅の思い出には最高です。

日本語ができるスタッフもいますので・・安心して入ってください。
PICT0084.JPG

PICT0081.JPG

「新星茶荘」は22:00で閉店・・21:00過ぎに飛び込んで・・。
約1時間・・・対岸の九龍島の美しい景色を眺めながら・・香りの良いお茶を楽しみました。

最後にゆったりとした時間が過ごせて、
Vannessに会うのは一回減っちゃましたけど・・、
判断間違ってなかったと・・・今でも、思っています。

・ ・・ホテルに帰ります。

MRT「砲台山」の駅ではVannessが「お帰り〜♪」と私を出迎えてくれます。

シアワセです・・・「ただいま〜Vanness〜♪」

ホテルまでの帰り道・・・道端で・・・見つけたもの・・・。

香港ラストナイトに
神が私に与えた給いしもの・・・大切すぎて内緒!(笑)

ホテルに辿り着いたら・・めぐっちと酒盛り・・まあ缶ビール1本ずつという可愛いものですけどね!

眠りたくない・・気持ちでした。

19日 6:00ホテル出発
   6:45空港着

ノースウェストだったのですが・・生まれて初めて・・荷物検査されました!
手荷物じゃないですよ!!!
スーツケース開けて・・・ありとあらゆるもの・・すべて!
白日の下に・・さらされます・・・。
使用済み下着・・・女性特有の持ち物・・CD・・ポスターケース・・全て全て!!
説明しても・・一つ一つ全て袋開けて確認です!

私たちだけでなく・・できる限り全員・・・ひぇ〜〜〜!!です!

この便は香港発東京経由ロサンゼルス行き。

アメリカ系の飛行機にもう乗りたくないぞ〜〜〜!!!

こんなにたくさんの白人系の団体に囲まれて飛行機に乗ったのも初めて・・でした。
すっごく太ったおじさんエコノミーの小さな椅子で大丈夫なのでしょうか?

手すりに横腹が乗ってますから(笑)

・ ・・13:30成田着。

自分のこととは思えないような時間でした。
ただ映画見るためだけに飛行機に飛び乗る私もどうかと思いますけど、
付き合ってくれた「めぐっち」も相当どうかとおもいますよ〜〜(笑)

本当にありがとう〜♪


昨日届いたファンクラブ会報の、
Vannessからのメッセージの中に「猛龍」見てね!
って書いてあって・・・。

ちょっと胸が熱くなりました。

Vanness・・・見に行ったよ・・ちゃんと香港まで・・・。
私頑張ったから・・・。

死ぬとき後悔しないように・・・さ。

やっぱり行ってよかったよ・・・私。


思い立ったら・・口に出してみる・・
そして、実現に向けて努力をしてみる・・、
初めから絶対に無理だ〜〜って諦めない・・・。

きっといつか叶うから・・・
・・だよね!

さ〜〜次は何かな〜〜!

Vanness・・・またいつでもどこでも・・できるだけ会いに行くからね〜♪

やっぱりラストはお決まりのコレで〜〜♪

「Vanness・・大好き!」
posted by MaMa at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

<台湾一週間の旅>−最終回−

 恐怖の一夜のことをちょっとだけ・・・。

 昨夜、予想通り・・・っていうか、予想よりかなり最悪に老公はひどい発熱。

 夜中にフロントに体温計を借りに行ったのですが、用意していないとのことで・・実際にはどれくらいあったのかは定かではありませんけど、2回も着替えなければならないほどの発熱でした。

 私は帰国延期を本気で考え、翌朝先ず自分のすべきことを想定しミスの無いように繰り返し確認しました。
 保険会社に連絡取る方法、病院の手配と航空券のキャンセルと帰国便の変更の手続き、もちろんホテルの延泊も・・。それから、病院で使うと思われる単語の数々と簡単な言い回しを書き出し(病院での言い間違いは命取りになりますから)・・必死で辞書を引きまくりました・・夜中中。

 本当に心細い緊張の一夜でした。

 朝になり何とか持ち直し、どうやら帰れそうな状態まで奇跡的に?回復。

 ホテルと交渉して出発ギリギリの13時までチェックアウトを伸ばしてもらい老公はひたすら睡眠・・

 私は老公が熟睡したのを確かめ・・MRTの「国父記念館」から「忠孝敦化」のメインストリートまで大急ぎでお出かけ〜〜。

 こと、ここに至ってもまだ遊び足りないのか??自分!!・・びっくりですよね〜笑)

 だって、どうしても行きたい銀製品と皮細工のお店があったのですよ〜〜。でも11:15じゃまだ開店していませんでした・・予想はしていたのですけど、ちょっぴり(実はかなり)残念!!

 老公も心配だったので往復40分で走るように(本当に走ったけど・・)大慌てでホテルに戻りました。

 でも、老公には申し訳ありませんけど・・台北の街を一人で走っている時、私とても自由な感覚に満ちていました。

 その上、肌がチクチクするような感覚で幸せでした。 13:00にホテルをチェックアウト。国光のバスにて一路中正飛行場へ.


 帰国便はCI107便16:30発です.台湾で最後に食べたものがこの空港のランチ(もちろん私だけですけど・・)

 いつも思うのですけど、量はこの半分でいいですからもう少し美味しく作っていただきたいです・・材料は同じなんですから。
 
 第二ターミナルの食堂は・・はっきり言ってどこも今ひとつです、何を食べても美味しいと思ったことありません。そこにいくと第一ターミナルは決して綺麗とはいえませんけど、食事に関してはずっと充実しているように思います。<

 当然老公は具合が悪く・・何も食べられず。機内食も勿論・・だめ・・。写真どころの騒ぎではありませんでした。

というわけで、ラストの食事機内食の写真はナシ!

 で、機内での私たちの様子ですけど・・、老公はお腹を冷やさないように毛布をしっかり掛けてその上に手を置いて(私のです!だって・・「手当て」っていうでしょう)・・いました。

他人が見たら・・それはそれは仲のいい・・(不倫かいな!くらいの勢いの〜〜)二人連れに見えたでしょうね〜♪

 成田着は20:30くらいだったでしょうか・・・「ただいま〜〜♪」

 今回の旅、いつにも増していろんなことがありました。トラブル続出でちょっと反省することや、遣り残したことがいっぱいです・・キットまた行くことになる台湾の街・・なぜか私を自由にしてくれる台北の街が本当に大好きです。

 台北は、愛しい君が住む街だから・・訪ねてみたかった街ですけれど、今となってはもうそれ以上の大きな意味を持ち始めています。

 長い長い旅行記全部読んでくれた方、いったいどれくらいいるのでしょうね?

 お付き合いくださり本当にありがとうございました!


  (旅行記・・ちょっと飽きたな・・。

 次は、ジャンル変えて妄想に耽ろうかな〜〜??)




  ☆やっぱり最後はこれしかないです☆

    Vanness・・・大好き!
posted by MaMa at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

<台湾一週間の旅>―10−

<台湾一週間の旅>

夕方からは今回もやっぱり「淡水」に行きました。KIF_1831




 私にとっては5回目の淡水です。

どうして私はこんなに淡水が好きなのかな?



なぜだか、愛しい君の幻を見つけられそうな気分になる場所なんです・・・淡水。



KIF_1825



 ははは・・病気ですもう・・・。



 今回は、今までで一番美しい夕日を見ることができました。

毎日暑さにへばりましたけど、言い換えればお天気に恵まれたってことなのですよね〜♪

この日は日曜日ということもあって凄い混雑でした。



漁人馬頭までのフェリー乗り場も最後尾がどこだかわからないほどの長い行列で、今回は「情人橋」まで行くのを諦めて、淡水河の岸辺から夕日を待つことにしました。



写真は夕日を待つ人々・・私もこの中にいます・・でも、自分でも自分がどれだかわかりませんけど・・。

すっかり日も暮れてから、淡水のメインストリートを挟んで山側へ階段を何十段 も登ったところにある赤レンガ作りのレストラン「紅楼」に行きました。





高台にあるので眺めは抜群、絵に描いたようなデートスポットです。

一二階がお食事スペース、三階がティーラウンジになっています。



三階からの眺めは絶景で、対岸の夜景が闇の中に浮かび上がって本当にロマンチックで素敵でした。KIF_1839


次回はぜひここから夕日が沈む風景を眺めたいと思います。





私は熱いアールグレイをいただいたのですが、とても香りも良く美味しかったです。



老公の飲んだウーロン茶もちょっとした茶芸館に負けないくらい美味しかったですよ〜。

さて、夕食は永康街までもどって食べることにしました。

台北の代官山とも言われるこのアタリ・・行くのはちょっと不便です。


最寄駅からタクシーが無難でしょうか。

宜蘭の郷土料理、はい、チョウさんの故郷のお味です。

 学生街にある普通の食堂で、多分「呂桑食堂」と言う名前でした。特に有名というお店ではありませんので、ガイドブックなどには載ってないと思います。

店内には宜蘭の写真が沢山あって、なんか雰囲気よかったです。

ここで食べた「魯肉飯」今まで食べた魯肉飯の中で一番美味しかったです。
 でも魯肉飯は特に宜蘭特有の名物と言うわけではないと思いますけどね!)

このお店21:30に店じまいと言うことで、このときも滑り込み・・・慌ててご飯かきこみました〜〜(笑)

当然私たちがラストお客さん・・今回こんなことばっかり・・ね!<

 普段なら、永康街には可愛い小物屋さんや古着屋さんやデザートのお店がたくさんあるので・・ここからひと遊び・・なのですけど、夫は「大丈夫だ!」と言いつつ、何だか様子が変・・・台湾ラストナイトなのですけれどホテルに真っ直ぐに戻ることにしました・・・(スゴスゴスゴ)


 タクシーに乗ったら、珍しく若い運転手さんでJayの「七里香」がかかってました。なんとなく鼻歌歌っていたら・・「よく知ってるね〜?日本で有名?」と言われたので「うん!有名よ〜〜♪」と答えておきました!!・・でも、小さな声で「一部の人の間では・・・ね」と囁いていましたけど・・・。


 でも、あれから2ヶ月で・・状況ずいぶん変わりましたよね!!
本当にJayのこと誰でも知ってるという日が、すぐに来そうな気がしています〜〜♪


  なんていってる間にホテルに到着、それでも22:30をとっくに過ぎていました・・・。

  あああ・・・恐怖の夜が訪れます・・・。




〜お気づきの方も多い(?)と思いますが・・可愛い住人が増えています〜♪

火曜日にやって来た「さすらいのウーちゃん」は社交上手な行動派。

ウーちゃんの行ったところに私も行ってみたいので、しばらくは近場をさすらってもらおうと思います〜♪



そして「ヴァネ」が昨日からウチの子になりました。

いつか・・「MaMa大好き!」とヴァネに言ってもらいたいな〜〜

ヴァネが「MaMa大好き!」と言っているのを見つけた方は写メール・・お願いします。
「MaMa大好き〜♪」・・・・これで3回も書いたから・・「MaMa大好き!」って言ってくれるかな・・・(笑)

posted by MaMa at 08:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

<台湾一週間の旅>−その9−

7月31日(日)



弱音は吐かないものの朝から歯痛に腹痛を併発した老公のつらそうな様子は歴然としています。10時近くまでホテルでのんびりして様子見です。

旅先で10時までホテルでダラダラなんてしたこと無いのである意味新鮮でした〜♪

老公の「もう大丈夫!」という言葉を信じて・・本当は信じてなかったのですけど・・最後の一日をずっとホテルで過ごすのもイヤだったので・・出かけることにしました。(ごめんね!老公・・)

向かったのは私が前から行きたかった、忠孝敦化から程近い豚足のお店「阿水師猪脚」。
すっごく美味しかったです。

 豚足ダメという方でも絶対OKだと思います。何回も行きたいお店を見つけるのは大変なのですけど、ここは絶対また行きたい!っていうか何回でも行きたいお店です。



☆〜日曜日に東郷神社の「蚤の市」で買ったタイガーアイとオニキスと水晶で、 とりあえずブレスレット作ってみました。もともとネックレスだったものですから糸の穴が小さくて・・愛しい君とおそろいのデザインには出来ませんでした・・残念!・・・また何とか工夫してみますけど・・今はこれで!



このタイガーアイ直径10mm・・彼のはもう少し大きいかな〜♪

2005年10月05日

<台湾一週間の旅>―その8−

昨日の旅行記・・読んでる方も疲れたでしょう?

台湾イヤにならないでくださいね〜〜!!
では、元気に再開します〜〜♪

ちょっとやそっと休んだからといって、取れるような疲れではなかったのですけど・・もうヤケクソ(笑)

4日ぶりで戻った台北の街を満喫しないわけにもいきません〜♪

この日天母にある野球場で台湾プロ野球の試合があることを調べてあったので、老公は予定通り念願だった野球観戦へ一足先に出発。

私も誘われたのですけど、丁寧にお断りして別行動にしました。

で、私は西門の駅前の「誠品」に「明星グッズ屋さん」2軒にちょっと裏のほうにある「オタクビル」に「各種コンビニ」約12,3軒をくまなく走り回り・・(タフだ わ〜〜私は買った荷物をいったんホテルにおいて・・待ち合わせ場所の天母に向かいました。

天母は行くにはちょっと不便なところですが,MRTの「芝山」と「石碑」の駅から三越と高島屋の無料送迎バスが出ています。どちらかと言うと「芝山」からのほうが距離はあるのですが道が太くて・・天母運動公園の横を通りますし・・そちらからの方がお勧めです。

私は今回は敢えて「石碑」から普通のバスで行ってみました・・それはそれで楽しかったです・・ドキドキしましたけど・・(笑)

天母の中心街は緩やかな坂のある街並みです。少し散歩しているとジーンズショップで「MACHI」のジーンズとケバイ女物のタンクトップを発見しました!
愛しい君愛用のあの白地に「machi」文字のタックトップだったら、あるだけ全部買ったのにな〜〜。


今回はとても日本では着られそうもないデザインだったのでスルーしました・・ここにくれば「MACHI物」あるとわかったので、次回も探しに行ってみます〜♪

老公との待ち合わせ場所は、三越横にあるワーナーのチケット売り場の前に20:00。
私がウィンドウショッピングしてる所からは10分ほど離れています・・ダッシュで待ち合わせ場所へと急ぎます。
今回も無事に合流〜〜♪

夕食は芸能人もよく訪れるという天母の「女娘的店」。台湾料理のお店です。左側から名物「豚の角煮」「アサリのにんにく炒め」「サツマイモの葉の炒め物」でKIF_1796 KIF_1789 KIF_1791 KIF_1790 す。

すっごいボリューム!!!
疲れ気味のところにちょっとハードな食事でした・・。

実は長時間のバス移動や慣れない食事で老公は、どうやらこのあたりから様子が変でした。
旅先で無理は禁物なのに・・「大丈夫」の連発・・・「大丈夫じゃない」ときには早めに「大丈夫じゃない」ことを自ら認めることが大切ですよ〜〜。
posted by MaMa at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

<台湾一週間の旅>ーその7−

7月30日(土) 









台北に移動の朝です。









当初の予定では台湾国内の移動手段をバス・列車・飛行機と長距離移動の三種の神器を順番に使おうと予定を立てていました。







で、バスと列車は順調にクリアー・・高雄―台北間は距離も一番長いので飛行機で移動と考えていました。







ところが来る時のバスの旅があまりに快適だった(どんなに快適だったかは2日目を読んでみてくださいね〜♪)ことと、料金が約三分の一ということもあって、この際バスに変更しましょ♪ということに・・・コレが悲劇の始まりでした・・。(思い出したくないわ〜〜でも、思い出さないと書けないよね〜とほほ)。















その悲劇の朝、私たちはホテルでの朝食を簡単に済ませ・・(済ませておいて本当によかった・・)10分ほど歩き8:00前には高雄の長距離バス乗り場に到着したのでした。













なんか凄い混雑・・たくさんあるバス会社どこも軒並み芋を洗うような人・人・人・・・。









どこがチケット売り場の窓口なの?



どこに並んだら切符かえるのよ〜〜!!





ひぇ〜〜分かんないよ〜〜??





あっちこっちで大声出してる人もいるし・・茫然自失・・。





(顔は同じアジア人、でも確実にどう見ても外国人の私たち・・でした)









そんな時・・・切符売りのおばさん(多分?)から・・「どこまで行きたいの?チケットあるから急ぎなさい!!」とニコニコ親切に言われたのでした。





「???」とは思ったけど、一応「一人がけの席?台北まで行くのね?」と確認したら、おばさんは「OK!OK!」と言うし・・。







少し離れたところに停車しているバスを指差し・・あれだ!とおばさんは言うし・・来た時ほどじゃないけど・・まあいいか〜?このままいてもチケット買えそうもないし〜?・・で、すぐに出発と言われ慌ててバスに押し込まれ飛び乗ったのでした・・。









ひぇ〜〜!!乗ってみてびっくり仰天!来る時とは大違いのバス・・でも、バスは動き出す・・どうすりゃいいのよ・・運を天に任せるしかないわ・・・は〜〜台北に本当に着くのかしら・・このままおかしなところに連れて行かれちゃったらどうしましょう??









そのバスがどんなだったか・・って?台湾は車は右側通行なんですけど・・で、私が見たのは車の右側・・きれいなカーテンかかってます・・でも、左側ぼろぼろ・・なんじゃこりゃ!確かに右側の座席一人がけ・・でも小さい汚い・・左側当然二人がけクッション悪い・・細かくあげつらったら・・悲しくなるので、もうやめます。









要するに・・はめられちゃたみたいです・・・(笑・・って笑ってる場合じゃないです!)









でも、よ〜く考えるとおばさんウソは言ってないんですよね・・・たしかに。











結局約7時間半かかって台北駅に着きました。



その間、飲まず食わず、その上一度たりともバスから降りることも出来なかったんですよ!信じられます?





今となってはいい経験でしたけど・・・二度としたくない経験です・・。









このバスに高雄から台北まで乗っていた人・・・当然私たちだけでした・・・。





体力的にも疲れはかなりのものでしたけど、それにもまして精神的ストレスはもう極限状態に近かったかな・・。自他共に認めるポジティブ&楽観主義者の私をしても「ダメかも〜〜」と思ったバスの旅でした・・・。









・・・しかし、台北に無事戻ってこられただけでもう神に感謝!本当によかったです〜♪













で、昼食?は大きな荷物をコロコロころがしたまま15:30過ぎに辿り着いた西門KIF_1781 の「鴨肉扁」で簡単にすませました。





ここはとても有名なお店です。私が泊まったホテル(長虹大飯店)名前を言ってもわからないタクシーの運転手さんでもこの店ならすぐわかります。





この店とホテルは徒歩1〜2分ほどなので、ホテルを説明するのが面倒なときはいつもこの店の前で止めてもらいます。





お味は疲れすぎていて・・あまりよく覚えていませんけど、個人的には特別好きな味ではなかったような・・・。













クタクタの私たちは当然ホテルで一休みです。

















あの高雄―台北間の移動のことを思い出したら・・グダビレダ〜〜〜。





この先へと書き進む気力がもうありません〜〜。













       



           ということで本日はここまで!











e8a6e99da2e621









☆〜疲れたときには・・・癒されたい・・愛しい君に!



  



  やっぱり・・何度でも、毎晩でも言いたい!





  



      「Vanness・・・大好き!」



posted by MaMa at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

<台湾一週間の旅>ーその6−

 
さて、いつまでも道草くってると旅行記終わりそうもないので旅の続き再開〜♪


ホテルで2時間ほど休んだ私たちは、夕方から海方面に向けて出発です。

ホテルから駅と反対方向に少し歩き普通のバス停からバスに乗ります。その当たり前のことがなかなか大変なんです。
網目のように走るたくさんのバスの中から目的地に行くバスを遠くから確認し、手を挙げて意思表示しないとバスは止まりません。
まあ、香港なんかでもそうでしたけど・・。ぼやぼやしてると止まってくれませんし、やっと止まったと思ったら、道のど真ん中で停車・・何てこともザラです〜。

目指したのは海辺の小さな町・・・そこで私を待っていたもの・・・!!

nifty.com/.shared/image.html?/vannekenvicf4/images/KIF_1722_2.JPG">KIF_1722 で、このすぐ横のカキ氷屋さんで念願だった「マンゴウかき氷」食べたのですけど・・。「藤原とうふ店」の直後だったので感激薄かったです・・比較できないジャンルだっていうことは、よ〜くわかっているのですけど・・ね(笑)ちなみにそのカキ氷屋さんガイドブックにも必ず載っている高雄ではかなり有名なお店です。



さ〜!本日の一番の目的「旗津」にフェリーで渡ります。海辺でロマンチックに夕日を見るんだもん〜♪
\clip_image005.jpg">砂浜には台風の影響でたくさんの流木が流れ着いて いて・・異様で、不思議で、妖気をはらんだような風景でした。

もともと海に沈む夕日が私は大好きなのですけれど・・旗津の浜から眺めた海に沈む夕日は感動的なほど美しかったです。


この日は打ち寄せる波が思いのほか荒くて、波打ち際で遊んでいたら・・子供みたいにびしょぬれになってしまいました・・。勿論着替えなど持っているわけも無く・・・でも、なんかすご〜く楽しかったな〜♪


教訓・・海でぬれたら、ドラマや映画のようにはすぐには乾きません・・やはりやめたほうがいいと思います・・かなり気持ち悪いですから)

そして帰りがけに立ち寄った「海的故郷」という小さなお土産屋さんで、この4人が私を待っていてくれました。分かります?分かりますよね・・・。どうしてこんな所に君たちが居るの・・・??見つけたときの驚き分かってもらえるでしょうか?日本では見たことない泥人形でしょう?・・細かい作りなので割れないように持ち帰るのに細心の注意を払いました〜♪これだけは誰にも渡さずずっと胸に抱えて・・(笑)老公が笑いながら「荷物持ってやるよ〜」というたびに、きっ!と睨み付ける私でした!

 それから、この泥人形を買うときに「F4好きなんですか?」と聞かれたので「彼がとても好きなの!」と愛しい君を指差したら、特別丁寧に新聞でグルグル巻きに包んでくれたお店のお兄さんありがとうございました。・・・しかも30元おまけしてくれました・・F4値切ってどうする!自分!!ですけど・・・。


旗津での数時間はあまりに印象的で・・今思い返してみてもどうしても奇跡としか思えない私です。


夕食は「愛河」沿いのレストラン「緑園」nifty.com/.shared/image.html?/vannekenvicf4/images/KIF_1757.JPG">KIF_1757
KIF_1758 KIF_1761



若い子たちがデートに使いそうなコジャレタお店です・・。一番左側の「牛麺」というきし麺のお化けみたいなのが、見てくれは悪いのですけどとても美味しかったです。

夕食後「愛河」をクルージング(乗り合い船とも言う?)KIF_1772 KIF_1762



いろいろな色にライトアップされたい幾つもの橋をくぐって夜風(生温い・・んですけどね)に吹かれロマンチック気分満喫でした!「

 愛河」っていう名前そのものもロマンチックですよね〜♪


 こうして高雄最後の夜は更けていったのでした。



 またしてホテル帰還は23:00過ぎ・・よく遊びます〜♪

 そして、ついに恐怖の明日がやってきます・・・よいこのみなさん!事件です!

  他人事だと楽しいんだろうな〜〜笑   明天見!
posted by MaMa at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

<台湾一週間の旅>ーその5−

7月29日(金)





朝一で高雄ではお決まりの観光コース「蓮花譚」へ!KIF_1684

いや〜〜!!今日も暑いです!朝から日差しガンガンです。高雄駅前のバスターミナルまで5分ほど歩き、乗り合いバスにて蓮花譚まで20分くらいだったかな?のんびりおしゃべりしながら乗ってたら・・バスの運手士さんに「ここだよ!」といわれ慌てて飛び降りました。



降りたのは私たちだけ・・有名な観光地のはずなのKIF_1698に・・??でょ。



 



 途中でマッピカリなのに大粒の雨が降り出したりして・・急遽雨宿り・・って、涼しくなると思うでしょう〜〜甘いんだなっ!コレが!蒸し暑さ倍増・・・。



 



・・暑さにクラクラしながらも一通りの観光終了〜〜♪再びバスに揺られて一路市街へ。でも、なんかどうやら遠回りのバスに乗ったらしく・・40分近くかかりました〜まあ良くあることです。







さて高雄の駅近くで昼食を食べる所探索・・夏休みのはずですけど、きちんと制服を着た学生さんの多いこと!どうやら、台湾は日本よりも受験戦争熾烈みたいです。KIF_1713



 で、入ったのが3〜40種類くらいのおかずが店先にずらりと並んでいて、一枚のトレイを渡されて好きなものを好きなだけだけトレイの上に取って食べるお店です。(学食?社員食堂・・ふうかな?)料金は取る量に関係なく一律でした・・凄く安かったと思うのですけど忘れました。KIF_1716



 で、これが思いの外美味しくてビックリ!さすが学生街??



で〜〜!もっとビックリしたのが店の2階の壁に貼ってあった愛しい君のポスター(暑そうな・・服装だ〜笑)。こんなところで君に再会できるなんて思っていなかったので、と〜っても嬉しかったです〜♪



 



 反対側にはチュウさんとイェンさんもありました。もしかして、愛しい君の下にちょっと見えてるのチョウさんですか〜♪写真撮ってるときには気づきませんでしたけど〜ジャンジャン〜♪・・ケンカ売ってるわけではありません・・・事実なので・・だから・・それがもっと悪いって・・ムムム。



 





もともと高雄は日本人観光客が多いところではありませんし、ましてやこんなローカルな食堂に入る日本人なんて・・まずいないわけで、その怪しい日本人が壁の写真を嬉しそうにパチパチ(デジカメなので音はしなかったかも〜〜笑)撮っているのは、かなり不審そうに見られていたようでした。(と後から老公に言われた・・私はその時は夢中で写真撮っていたので・・周りの視線など気付きませんでした〜♪)







有意義で濃密な昼食タイムを過ごした私たちは、本日もいったんホテルに戻りちょっと一休みです。





でも、帰りがけに私は当然寄り道です・・だって素通りできませんよんね〜!「Ipzone」に「薔薇唱片」に「光南唱片」が並んでるんですよ〜〜♪・・老公はもうさすがに付き合い切れず、ホテルに直帰しました。(時々分かれたほうが新鮮でいいんです〜♪)結局「光南」でnickyと林子良と林俊傑(JJ)のアルバムを買いルンルン気分でホテルにもどりました。もちろん3枚とも凄くいいアルバムでした。





JJが一番この中ではメジャーでしょうか?阿杜などにも楽曲提供していたり、とても若くて可愛いのですけど、実力派といった感じですよね。今回買ったのは3rdアルバム、聞き込みが足りないせいかもしれませんけど、私は前の2枚のアルバムの方が好きな曲多いかな・・ごめんねJJ。





Nickyはちょっとハスキーで切ない感じの歌声が胸に沁みてくる感じです。歌凄くうまくて、思っていたよりずっとずっとよかったです。アップテンポな曲が得意なのかと思っていたのですけど、バラードの方が声の質にあっているような気がします。「解脱」のMVにほんの少しだけですけど「愛しい君」が出演してますし〜♪ボーナストラックでラストに入っている黄立全(Edward)の歌も最高です。PICT0039





林子良は日本では今ひとつ知名度低いですけど、作詞も作曲も当然歌も相当イケてます。実は今回買ったアルバム前回買ったものと半分ほど曲被ってました・・よく確かめなかった私が悪いですけど・・。それでも買ったことを後悔させないいい出来のアルバムでした。



彼の曲の中に「愛情故事」という曲もあります〜♪まあ、ありがちなタイトルですけどね〜♪もちろん大好きな曲の一つです。今のところ「我想和ni」という曲が一番のお気に入りで、ラストに入るセリフが泣かせます!「宝貝・・ni睡得好ma?・・・na就好!就好!」・・その「宝貝baobei」って言う言い方がとてもいいのです。で・・デートの約束を電話でしてるのですが、「ご飯食べてから映画でも見ようね・・じゃ7時に迎えに行くからね・・バイバイ!」・・私ったらこれを聞くたびに「うん、わかった・・待ってる〜♪」って、思わず声に出して答えちゃうんですよね〜〜♪





買ってから2ヶ月近くたちますが未だヘビロテ中のアルバムです。







<といった所で、横道それたままですけど長すぎるし、今日は二度目のアップなので、このへんで終了〜♪>









☆〜本日2度目の記事アップ・・・何故かって・・。





うすうす気づいてます?・・杭州での「愛しい君」が気になって・・(笑)





それに、Nickyのアルバムの事書いてたら、愛しい君が一昨日台北でnickyと一緒に撃された〜♪の記事(自由時報)発見しちゃったもので・・つい。





今頃?はカレンさんと・・セクシーに(希望です〜♪)決めてるかな?





・・っていうか、いつ台北に戻ってたの?で、いつ杭州に行ったの?





君ってコッソリ行ったり来たり上手だよね〜〜♪





で〜、こっそりついでに私も・・小さな声でこっそり囁いておきます・・







・・・「Vanness・・・大好き!」

















posted by MaMa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<台湾一週間の旅>−その4−

KIF_1638 さて、台南の駅に13:40に着いた私たち。台南の駅は台北に比べると小さいので切符も買いやすかったです。窓口も少ないので迷わずに済みました・・良かった〜♪・・で、買った切符を見てもうビックリ!13:44発じゃありませんか・・大慌て・・ぎゃ〜〜ホームも分か らないのに・・いったいどうすりゃいいのよ〜〜!!KIF_1640改札の駅員さんに切符を見せて「月台在nali?」と叫んだら、落ち着いた様子で向こう側のホームを指差して「大丈夫、列車は15分遅れて14:00到着予定です」・・と言った・・ように聞こえた多分・・(笑)ホット一安心!ホームで待つこと15分「自強号」到着です〜♪





台南から高雄までは約30分の列車の旅です。高雄着は14;35でした。













高雄でのホテルは「光華大飯店」のフロントで同系列のホテルを押さえてもらっていたので、ホテル探しが省略できて・・太好了!(事前に日本でリストアップしていた高雄のホテルの名前が偶然台南のホテルのバスタオルに書かれていたのですよ〜〜ラッキー!だったでしょ〜?)











目指すは「凱得大飯店」高雄駅からまっすぐ南へ徒歩5分。徒歩1〜2分以内にIpzone・薔薇唱片・光南唱片・セブンがあってとても便利で対応もよく、次回もここで決定です!次回って何時でしょね・・・愛しい君のセカンドアルバムのイベントに決まってるじゃあないですか〜!ねえ〜〜!!・・・さあ、これで台南・高雄の宿泊ホテルも決まったことですし・・いつでもアルバム発売してくれていいですからね〜〜夏以外によ・・「アイシテル」ならば・・・しつこいな・・もう!・・って、イベントは日帰り強行スケジュールが普通らしい・・私にはこれまた無理な話・・だわ!





 





一休みしたら勿論お散歩です!バスにて南に下りちょっとデパートぶらついて・・、南華路夜市をぶらぶら〜♪でも、規模が小さくて・・あっという間に通り過ぎちゃった・・って感じでした。10元(40円弱)ショップで超チープな雑貨を少々お買い物しただけ〜〜消化不良だ〜!やっぱり夜市は台北の士林にかなうものはないでしょうか・・。





 





そこから中山一路を反対側に渡り北上、六合夜市に向かいます。本日の夕食は夜市で軽く済ませまる予定です。だって・・なんか一日中食べ続けているみたいで・・さすがに食べ疲れた・・って感じで。KIF_1650 KIF_1653 KIF_1656





















写真あんまり良く取れていませんが、まあ一応・・こんな感じでした〜♪

















高雄は台南よりさらに南・・・当然さらに暑いわけです・・・。夜になっても外は熱風が吹いています・・絶対に涼しくなりません・・分かりやすく言うと、クーラーの室外機の前にずっと居るかんじ??・・・私の表現力結構的確〜自画自賛〜♪







 本日は列車での移動もありかなりくたびれていたので、早めにコンビニで買ったビールと夜市で見つけた軽いおつまみ持ってホテルへと引き上げました・・それでも、ホテル帰還時刻22:00過ぎ・・疲れた〜〜!







  遊ぶのも体力勝負・・・明日も気合入れて遊びます〜〜♪











☆〜昨日から身につけているホワイトバンド、裏返して「***」のマークを裏側にしたほうがなんかいい感じなことを発見。愛しい君の身につけ方はどっちかな?後で調べよう〜♪・・一緒だったら、ちょっと嬉しい・・な。











































































 



posted by MaMa at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

<台湾一週間の旅>ーその3−

7月28日(木)



台南で泊まった「光華大飯店」は一泊1580元で(台湾のホテルは一部屋の料金でKIF_1566 すから、何人で泊まってもお値段は一緒です!しかもベッド大きいので4人でも泊まろうと思えば泊れます)しかも食事まで付いていました。これはお粥ですけど洋食も選べました。まあ、お味のほうはそれなりということで!でも、私は十分満足でしたよ〜♪  



 



 





                                     KIF_1577 KIF_1572



 今日は台南の市街を離れてちょっと遠出「安平地区」へ。台南の駅前からタクシーで15分くらいだったかな・・?



「億載金城」は赤レンガで作られた海を臨む要塞です。日本からの出兵に対して清朝が台湾防衛のために作ったもの・・とガイドブックに書いてありました(笑)名所旧跡にあまり興味のない私ですが、この場所はとても気に入りました。建造物そのものにも趣がありますし、高台になっているので眺めも最高でした。出来れば涼しい時期に再度ゆっくりと訪れてみたいです。



 



この近くには「豆花」で有名な店があり20分歩いて移動・・ハッキリ言ってこのKIF_1608 暑さの中無謀です・・。良い子の皆さんは止めてくださいね!



で「豆花」ですが、豆腐の香りがちゃんとしてひんやりと冷たく、とても美味しかったです。黒タピオカが入ったものと小豆が入ったものがありました。私は小豆を食べましたけど・・思ったより甘くなくて・・ホッとするような素朴な美味しさでした。(このお店まで足を運ぶのはちょっと無理という方は台北にも「豆花」のお店たくさんありますから是非食べてみてください〜♪)



 



                                    KIF_1610 KIF_1609



一休みもつかの間、またまた徒歩にて(普通は絶対無理・・・)「周氏蝦巻」へ向かいました。その途中で死ぬかと思うほど暑かったのですけど、乗り物で移動してしまったら見落としてしまったような素敵なものにいくつか出会いました。



右の2枚の写真・・なんか素敵でしょう〜♪



 道の横の小高い丘がずべてお墓になっている処も通ったのですが、このアタリは土葬らしくお墓が御殿風だったり、可愛いドーム型だったり・・個性豊かで大きくて本当に驚きました・・さすがに写真は撮りませんでしたけど・・。









で、本来の目的の「周氏蝦巻」ですけど、期待が大きかっただけに結構普通でしKIF_1632 た(笑)



どんなのもかって?小さい蝦が香菜とともにフライになった細長いものです。 まあ・・ビアガーデンでビールのつまみに出てきそうな感じ・・っていうか、スナック感覚というか・・普通に美味しかったです・・普通にです。                





KIF_1470



ちゃんとした?昼食は市街に戻り担仔麺で有名な「度小月」へ。



台湾に担仔麺

の店は数え切れないほどありますが、台南のここが本家本元とのことです。



担仔麺とレタスの炒め物が本日の昼食、美味しかったけど、なんかこ れまた普通。あんまり「普通〜」を連発すると今時の若い子みたいでKIF_1634すよね・・・。でも、他の担仔麺との違いよく分からない私でした。





炎天下歩きすぎてもう味覚が鈍っていたのかな・・でも、ばりばり元気で食欲はあったのですから、好み問題だと思います。



 





遠東百貨(地元のデパートでとても買い物しやすいです・・欲しいお洋服いっぱいあって困りました)や三越をブラブラ・・。さらに駅前の小売店もくまなくチェック!ワゴンの中から190元のブラックジーンズを発見・・すっごくデザインが綺麗で大満足。台湾のジーンズ私のお尻にピッタリで行くたびにお気に入りのジーンズが増えていきます〜♪





さあ〜て!台南とは一泊でお別れです。預けてあった荷物をホテルに取りに戻り、台南駅へ〜♪



列車「自強号」にて高雄に向かいます。







      <一日分が終わらないけど・・今日はここまで>







☆〜今日わが街のとあるお店で「ホワイトバンド」を見つけました。



ホワイトバンドに刻印されたアスタリスク「***」。今世界で3秒に一人貧困によって失われていく小さな命をもう失わせない、という意味が込められているそうです。



私が出来ることは何かな・・私がしなければならないことは何かな?



私の右手のホワイトバンドを見るたびに考えていくとにします。





  





posted by MaMa at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

<台湾一週間の旅>−その2−

7月27日(水)







 いよいよ、台南に向けて出発の朝です。7:30にホテルを出発、台北車站の北にあるKIF_1456 長距離バスのターミナル(承徳路一段を北にむかって歩き長安西路との十字路を右折した左側の一帯、ホテルからは徒歩15分ほどです)に向かいます。この通りにはたくさんのバス会社が軒を並べていて24時間各地へのバスが小刻み出ているのでとても便利です。勿論予算によって値段も自由に選べます。今回私が選んだのはバスにしてはちょっと高目で、一人480元くらいだったな?うまい具合に8時過ぎのバスのチケットが買えたので、すぐそばのコンビニで朝食と飲み物とお菓子を買い込み・・10分ほど待ってやってきたのがこのバスです・・どう?なかなかゴージャスでしょう〜?バスはゆったり一人掛けの座席で飛行機のファーストクラスより広々・・って乗ったこと無いですけど(笑)。大型バスの定員は20名・・完全に横になれるスペースが確保されています。映画(なんと!「幻魔厨房」あり!)・MV(五月天や陶吉吉のコンサのMVもあり)・ゲーム・マーサージ器まで付いています。4時間15分の超快適なバスの旅でした〜♪(ここの所よ〜く覚えて置いてください・・)





12時半には台南到着。ただ、バスの到着場所が予想外に台南の駅から離れているらしく、自分がいったい何処に居るのか分からず・・仕方が無いので、先ずはタクシーで台南の駅まで行ってもらうことに。結構心細かったです。特に地方のタクシーは怪しいものがあると聞いていたので、何台もやり過ごし・・車が綺麗で運転手さんの人も相確かめて(ガラス越しじゃあ・・いい加減ですけど・・ね!)気合入れて乗りました。でも、私はこういうドキドキ感が大好きです〜♪で〜、運転手さんはとてもいい人でしたが、ほとんど台湾語&ひどい訛りの普通語で言葉を聞き取るのが大変でした。(もともと私の語学力にもかなりの問題があることは言うまでKIF_1462 KIF_1468 もありません!)





さあ!いよいよホテル探しです。まえもって4〜5軒のホテルをリストアップしてあったのですけど一軒目に行った台南駅真上の激安ホテルはお世辞にも綺麗とは言い難いもののベッドも大きいし部屋も広いし・・眺めも最高で、値段の割には思ったほど悪くないのですけど・・女性一人では泊まりにくそうなホテル(なんか・・ラブホテル風・・行ったことないけど・・)で、今回は老公と一緒ですが・・いつか一人で来る時のための下準備もあるので他に無かったら又戻ることにしてスルー決定。立地とコジンマリした雰囲気で2軒目に行った「光華大飯店」に決定しました。(因みに部屋は泊まる前に見せてもらえます)このホテルはフロントが狭くちょっと暗いのですか、フロントにいつも同じ年配の紳士が居て、もし一人又は女性だけで泊まる場合でも安全(そう)な気がします。(右上の写真は台南の街並みです、ホテルとは関係ないです〜♪)





 さてホテKIF_1460ルも決まったことですし朝食がコンビニご飯だったので、腹ペコの私は御食事処求めてガイドブック片手に街をウロウロ歩き回ります・・・あぁ〜腹減ったよ〜〜!



 で、たどり着いたのがチマキで有名な「再発号」。本当に美味しかったです・・で も、お腹すきすぎてて・・一気食い。写真撮るのを忘れてました・・(笑)店構えの写真だけしかありませ〜ん・・ダメジャン!約束違うジャン!!







お腹がいっぱいになったら早速遺跡・史跡めぐり。老公の付き合いでガイドブックに載っている主なところは歩いたけど・・実は私ほとんど興味なし・・・。台南は日本でいうと京都?みたいな感じ・・らしい(あくまで・・らしい・・です)いたるところに神社仏閣が点在しています。色々行ったのですけど、何処が何処だか・・忘 れKIF_1473  た!・・そりゃ〜〜忘れまKIF_1489すって!!暑すぎ!KIF_1502!!でも一応記念なので写真だけちょっと貼っときますね〜♪

















ここで、いったんホテルに帰ってお昼寝タイム。シャワー浴びて一休みです。これ暑い国を歩く時の鉄則です!良い子のみんなもキチンと守って楽しい旅にしましょうね〜♪



しかし・・台南暑い!南に行けば行くほど暑いのは頭では分かっていたのですけど・・いや〜〜暑い!(愛しの君よ!夏にアルバム出すの止めてね・・この炎天下に外でのイベントに並ぶのは体力的に絶対無理です・・・愛では補いきれない・・・私のこと「アイシテル」なら・・そんなことさせないでね・・)





  

夕食は「台南朝台大飯店」の地下にあるレストラン。綺麗で静かでゆっくりできて・・本当に「アタリ!」でした。オマケに安価です!お勧めですよ皆さん!KIF_1526 KIF_1527 KIF_1528



KIF_1525













ホテルなので場所もわかりやすいですからね〜♪台南に行ったら絶対に又行こう〜〜♪





KIF_1543 KIF_1554



ちっとも涼しくはならないけど、腹ごなしに夜の台南の街を散策にGO!ライトアップされた「赤〓楼」は美しく昼間とは又違った趣があり素敵でした。是非夜に行ってみて下さいね〜♪ 







 KIF_1562



「赤〓楼」を出て南に道路を渡り路地を歩いていたら賑やかな中華特有の音楽と甲高 い歌声が遠くのほうから聞こえま〜♪行ってみるとビックリ!なんと結婚式(多分)の大宴会に出くわしました。 たくさんの人垣を進むとなんかお芝居もやっていて・・凄く中華な気分満喫できました!得した気分です〜〜恭喜〜♪恭喜〜♪祝nimen的幸福和一路平安!





さらに夜の街をぶらつくこと30分、帰りがけに遠東百貨の前を通りかかり何気に覗いてみたところ、「頭文字D」の国語版発見!きゃ〜!後20分で始まるし〜♪Jayったら〜もういつも私のこと待っててくれるんだから〜♪はいはいはい・・・遠東百貨の上にあるワーナーは上の4階部分くらいが映画館になっていて、綺麗で広くてトテモいい感じでした。しかも台北よりチケット安い・・台湾は映画料金映画館によって全然違います。(台北のワーナービレッジはちょっと高いです!でもデート気分満喫にはちょっと高くても雰囲気大切ですから〜TPOに合わせて選びましょうね〜♪)でも、台南ワーナーは時間のせいかガラガラ・・15人いたかな・・・?



PICT0037





当然Jayはかっこよかったです!私が高校生(いくらなんでも・・凄い発想だ〜 〜)だったら、絶対Jayに「一見鐘情」だな〜♪で〜、中華な男達の区別がほとんど付いていない老公・・このときから「愛しの君」とJayが混ざったらしい・・・(あえて訂正してません)後日談ではありますが・・なななんと!「お前の好きなやつの写真集〜♪」といってJayのエッセイ写真集(日本語版)買ってくれました・・くれるというなら頂きますけど・・・写真見てもときめきませんから・・Jayには・・・(爆)







この日のホテル帰還は24:00近く・・明日は台南で半日遊んでから高雄に移動という強行スケジュール・・まあ、人生遊んでナンボ!ですから〜〜♪



頑張りまっしょう〜!

posted by MaMa at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

<台湾一週間の旅>ーその1ー

愛しい君はまだ香港にいるのかな?イェンさんは台湾に帰ったらしいけど・・。





 もし今君が香港にまだ居るのなら6月に行った香港を思い出しながら香港の旅行記を・・もし今君が台湾に戻っているのならば台湾の旅行記を書こうと思ったのですけれど・・・。私の捜索力では見つけられず(愛が足りないのかな・・・)情報として新しいほうが読む方が楽しいかと思い・・この夏に行った一週間の台湾の旅行記を書いてみることにします。どうぞのんびりお付き合いください。





<台湾一週間の旅>??その1??



7月26日(火)KIF_1412



CI107便9:40成田発。大型台風接近の大雨の中5度目の台北に出発です。7:00前には成田に到着、朝食は成田でマックです。言わずと知れた世界共通の味です。



今回の旅は食べ物の写真は漏れなく撮る!を目標に頑張ってみました・・って、最初の写真がマック・・・どうなんでしょうね?









KIF_1416 チャイナエアラインは美人揃いの空姐が着用している大胆スリット入りのセクシーな紫制服が有名なのですけど、機内食はイマイチ・・・で、完食ならす!(ついでにサービスも・・う??ん・・毛布に食べ物のシミ付いてました・・クリーニングは一回使用毎にきちんとお願いしたいです!)









KIF_1419 と、文句言ってる間に1210中正飛行場到着。そこで私をお出迎えしてくれたのがJayのこのカート。いや??ん、Jayったらス・テ・キ!お出迎えありがとう??♪



早速巴士のチケットを買い台北駅に向かいます。道路状況にもよりますけど、この日は50分ほどかかりました。





KIF_1446  ホテルへは1400到着。今回のホテルは長虹大飯店。西門町のど真ん中に位置するお気に入りのホテルです。オレンジ色の帯の上の窓がホテルの食堂なのですけど、ここからは外の景色がとてもよく見えます。ってそれがどういう意味かって?この十字路はいろいろなイベントが行われる有名な場所なんです。2002年には愛しの君もこの場所で・・昨年はチュウさんもやはりこの場所でアルバム発売のイベント(チョウさんがお祝いに駆けつけてハグハグして楽しそうだったアレです)やっていましたよね。でも、そんなときにはキット予約でいっぱいなんでしょうね・・・このホテル。





 KIF_1422 愛しの君のことはちょっと忘れて(無理ですけど・・)、お腹もすいたことですし、早速街に繰り出します??♪で、行った所は林森北路を北に向かい長春路を右に曲がってすぐの左にある「京ding楼」小籠包が美味しいお店です。14:30でいったん休憩に入ると言う所を無理やりお願いして入れてもらいました。横のテーブルではお店の若いお兄さん達がまかない食を食べ始めるし・・・あせって食べたので、台湾最初の「食べまくり写真」は大事な小籠包が一個しか映っていません・・ちょっと残念!やはり残骸になっていますが、このお店の空芯菜の炒め物が私はとても好きなんです??♪ただ「青菜の炒め物」って注文すると他の青菜が登場しますから・・是非「空芯菜の!」と頼んでみてくださいね!お勧めです。





お腹もいっぱいになったので、Jayの「頭文字D」を見にワーナービレッジへGO????!せっかくタクシー飛ばして行ったのに・・な、な、なんと広東語barしかやってない・・為什ma?新聞買って国語(北京語)bar上映の映画館を探したら・・西門町で19:00??と21:30??だって!!どういうわけか「頭文字Dは」広東語barの上映館の方が多いんです、ヤッパ香港映画って事なんでしょうか?ここは台湾なのにな????しかも台湾が生んだスーパースターJay初主演映画ですよ??!は????ですよね!しかたがないので・・本日は諦め・・又の機会ということで、予定変更。





実はこの旅行愛人と一緒です。大陸では愛人(ai4ren2)は夫のことなのですけど、台湾では老公(lao3gong1)というのが一般的、因みに妻は老婆(lao3po)・・新婚でも・・そうらしい・・なんか違和感アリですよね!台湾で「愛人」・・と言うとほとんど誤解されます。初めて台湾にいった昨年の3月に大失敗しました(笑)小さな食堂に入って・・若いお店のお姐さんと仲良くなりちょっと話していたのですけど・・夫が席を立った時、そのお姉さん「ni的男朋友」と私の夫のことを言うではありませんか????!!!私たち夫婦、恋人同士というような年齢ではありません(爆)ので・・まさかとは思いますけど・・不倫カップルと誤解されていたみたいです・・ある意味嬉しいかも????♪なんちゃって・・・。







KIF_1435



話が横道にそれた・・。で、映画も見ないことになったので老公とはここからちょっと別行動をとることに・・グローバル機能付き携帯が役に立ちます??。でもその前にここに来たらお決まりのマックでソフトクリーム(10元)です・・日本じゃ絶対に食べないけど・・なんかつい食べちゃうのよね????。はい!この赤いパラソルの下で・・・いい感じでしょ!







  と言うわけで、老公と別れた私はNYNYの地下のIpzoneと3階のCDショップへGO??♪くまなく探すも残念ながら目欲しいものは無し・・で101へ移動。101でもやっぱり地下のIpzoneを覗き・・レジカウンターの上に「Inbese」発見!早速Tシャツを2枚買い「Inbese」もGet・・。(お買い物をすると一冊50元になります・・安い!)因みに今回の「Inbese」表紙はチョウさんで中身にはタップリ愛しの君が入っています。当然ここでお決まりのセリフ登場??!「有没有呉建豪的海報?」いったいこのセリフ何回い言ってるのか・・自分・・・。でも答えはザンネン・・「没有??!」でした・・ちょっとガッカリ・・。でも、優しいお兄さんがウー君付き袋にTシャツ入れてくれました。私は大慌てで「袋は大切に持ってかえるからTシャツ入れないで」と言ったら(一応中国語で・・ここに書くと文法の間違い指摘されそうなので止めておきます??一応通じましたから????笑)お兄さんニカッと笑って、ズコズコそのまま袋にTシャツ突っ込み「没関係・・送給ni別的袋子」というわけで、めでたくおまけの袋も2枚頂けました。(計3枚やったね!)3月に来た時に貰ったのと実は同じのだったのですけど・・・。それでも、とっても嬉しい私です。私が余りに嬉しそうにしていたらお兄さんに「ni喜歓呉建豪ma?」と突っ込まれちゃいました。で、仲良くお兄さんと中国語会話のお勉強・・・楽しかったです。「真是謝謝!!」でした????♪





 1時間の別行動の後、再会した老公(懐かしさのあまりハグハグ・・するわけないですけど??♪)と「市政府」からMRTに乗り「忠孝敦化」で下車。ブラブラと夕食を食べるお店を探しながらお散歩です。で、一日目の夕食は右。真ん中に仕切りがあKIF_1437 り火鍋&白湯のお味が一気に楽しめる鍋です。左側の火鍋は<小辛>で頼んだにもかかわらず、死ぬほど辛くて・・いや????参ったわ!(辛過ぎて味覚崩壊につき味は分からず・・笑)因みに<chi到飽>(食べ放題という意味です)で300元くらいだったかな・・?デザートも何種類もあって、果物とアイスクリームが美味しかったです。





 いつもなら、かなり夜遊びするのですけど明日早朝に台南に向けて出発なので引き上げることに・・でも、ホテルは西門町のど真ん中ですもの????♪ただじゃあ帰りません!



「忠孝復興」からMRTに乗り「西門」下車。ホテルまでの間にあっちにフラフラこっちにフラフラ??♪・・老公はあきれ返って・・先にホテルにご帰還・・・。私はというとCDショップ・明星ショップ2軒・コンビニ4軒ハシゴ・・。で、右が本日最高KIF_1439 の戦利品。昨年は50軒コンビニ歩き回っても見つけられなかった・・愛しの君の百事ボトルです!今年は一日目で発見です。ペットボトルを胸に抱いてスキップしながらホテルの部屋に帰還??♪機関銃のように発見の喜びを語る老婆(私?・・やっぱりヤダなこの文字・・)に呆れてとっとと睡眠の体制に入る老公・・・。



 



 私はあまりに嬉しくてベッドの枕元に愛しい君のボトルを2本並べて・・何時までも眺めて居るうちに台北一日目の夜はあっという間に更けていくのでありました・・・さあ!明日は初めての台南へ出発です。



  



 チケットもホテルも予約なしという荒技で望む旅の始まりです????♪

posted by MaMa at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

<MaMa@tokyo>2005夏

<三日目>



 待ちに待ったメインイベントの日です。



PICT0093  昨夜の銀座から一転・・早朝の歌舞伎町へGO??♪



愛しい愛しい愛しい(しつこいですね・・)Vannessが歩いたドメスティックな街で・・・愛しい人(だから・・しつこいっちゅうの!)の足跡探します。



私の愛の磁石は・・精確・・ちゃんとたどり着きました。Vannessの横にあった自転車までが・・まるで時間が止まったようにそのままで・・。



大きく深呼吸しても、深呼吸しても、苦しくて・・でもまさしく「幸福的感覚」なのです。あああ・・本当にここにいたのですね・・・君は。(思い出してしばし絶句中)





PA0_0137 はい、気持ち立て直して、次は渋谷です。(歌舞伎町過ぎたら・・力抜けて・・後はもうどうでもよくなってきた????我がMaMaな私・・これってオヤジギャグの領域かな???マズイ!)



以上のような状況なので、この先書くことはほとんどありませ。仕方が無いので画像だけ貼っておきますね??♪(♪マークでちょっと可愛くごまかしてみました・・ダメ?)・・なんか・・この場所に仔仔が立っていたらしい・・・。





 昼食は「クアトロ」近くある台湾料理のお店へ。リーズナブルで美味しくて・・中国語が飛び交っていて、私のお気に入りのお店です。この日、隣のテーブルで鳴った携帯の着歌「Jay」でした??♪



こういうささやかな事が、何だかとても嬉しい出来事だったりします。





次に向かったのは、とあるビル7階(カ○クス)8階(香港○)にあるお店です。いわずと知れたF4グッズで溢れかえっているお店です。もう、台湾のアイドルショップなんかより・・確実に品揃えいいです。台湾でこれだけのもの探そうと思ったら・・もう大変ですから・・って、探しても無いですけど!



でも、私はこの三日間で「お腹がいっぱい」「胸もいっぱいで」で・・何も買えませんでした。





 さあ、そろそろ・・・馬車がカボチャに戻る時間です。お日様はまだ上のほうにありますけど、渋谷のアスファルトから陽炎が立つほどの暑さの中で、夢のような時間とお別れです。



本当に楽しい三日間でした・・・一人じゃ出来ないこと、たくさんしました・・・。



やっぱり「一人じゃないって素敵なことね??♪」(・・白雪姫って!やっぱ偉大かも・・)





 あれ????どうしよう、今夏休みの思い出書き終わるの寂しくなってきちゃいましたよ・・・。まあ、永遠に書き続ける訳はいきませんので、終わります。





 読んでくれてありがとう??♪





☆??明日がついにやってきます・・・。吐き気に悩まされつつ・・これを書いています。生きて帰ってこられたら・・何か書きたいと思っていますけど、いかに何にも書けないか・・ということを書くレポになるかもしれません。



生きて帰ってこれるかより・・生きてVannessのもとへたどり着けるか心配になってきました・・どうしよう・・・・。







          

















posted by MaMa at 08:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

<MaMa@tokyo>2005夏

<二日目>ーその2??



はい、やっと恵比寿に到着です。KIF_1393左の画像は写真美術館手前のとんがり屋根が印象的なビアレストランです。やっぱりビールは<えびす>かな?



 会場はコンサ上映初日&土曜日ということでで大混雑のほぼ満席状態でした。「香港コンサ」実は私、何を隠そう旭&仔仔部分に関してはほぼ初見。完全スキップだったものですから、とても新鮮でそれなりに楽しかったです。って、正々堂々とこんなこと書いて・・もしかして敵つくりましたかね??私?



 この頃のVannessは今と比べるとかなりの重量級、ダンスにもちょっとキレが無いように思えますよね。私は衣装も選曲も「music party」のほうが好きです。多分大多数のVanness迷はみんな同じように思っているのではないかな?????でも、こんな風に書きましたけど、私本当は太目好きなんです・・・今のVannessは痩せすぎて小さくなっちゃった・・気がしませんか?・・気のせいかな?



 ところで、あっちこっちブログやHPに書かれているので今更ですけど・・アンコールカット・・アッカンベ????!!!ですよね。それにいくらフィルムコンサだからって、手拍子・合唱・ウチワ・その他鳴り物禁止って・・どうなんでしょう?満員なのに静か????な(時折笑え声アリ)コンサって・・・楽しいですか?(楽しかったけどさ・・・)はい、今更ですよね。



 いや????ん、すっかりコンサで盛り上がった私たち、繰り出すは「銀座」です??♪



 夜の銀座・・4丁目の交差点で和光の時計台の針見上げて「8時にならにかな????」と呟き、松坂屋の地下でシャンパン(ドンピン・・なわけないけど)を買い・・準備万端。でも、その前に腹ごしらえっていうか、景気付け????♪Vannessの頭の上を黄色と黒で飾っているあのお店にGO??!いや????、食べる食べる・・(呑む!の間違いじゃないかって?・・はは・・食べるで合ってます・・笑)そして、しゃべるしゃべる・・気付いたら9時過ぎてました・・・。(8時の時計台の針見逃した????ダメジャン!!)



 で、本日のラストのメニューは・・シャンパン片手に夜の銀ブラです????♪



 なんか・・夜風に吹かれながら胸がいっぱいでした・・・私。





 Vanness・・・君に逢いたい・・・と泣きたいほど思った幸せで切ない夜でした。



 



 これでラスト思ったでしょ・・甘い!まだ続くんだな・・これが!



Vanness「今夜は君を帰したくない・・」  MaMa「私も帰りたくない・・」  というわけで、深夜のパーティーは何時までも続くのでした。でも、中身は「ヒ・ミ・ツ!」



   (な??に言ってんだか!とヒンシュクを買った所で・・本日はこの辺で・・又明日。)





☆??昨夜は愛人(老公とも言うけど・・)と2人で手をつないで酔っ払って帰宅。その途中で見た満月があまりに綺麗でした。情人(Vannessのことよ????♪)ともこんな風に満月眺めながら・・・歩きたいぞ????!想像したら・・吐き気が・・(二日酔いではありません・・緊張のあまり、ここ数日続く吐き気です・・・笑)・・・・後二日です。





  



posted by MaMa at 10:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。